美しい隣人-第3話のネタバレ-荒木比呂

ドラマ「美しい隣人」の第3話「ついに暴かれる過去…隣の女の正体」のあらすじとネタバレのネタバレ編です。このページは「美しい隣人-第3話のあらすじとネタバレ」からの続きです。

そのころ、矢野絵里子(檀れい)は病院を訪れていた。矢野絵里子は義母の矢野美津子(草笛光子)に検査の結果、異常は無かったことを伝え、大阪には行かないことを報告した。

その帰り、病院のエレベーターで池で会った筧雅彦(高知東生)と乗り合わせた。筧雅彦は矢野絵里子に「妻が授かったんです」と妻の妊娠を明かした。

矢野絵里子(檀れい)が幼稚園からの帰りにスーパーへ寄ると、マイヤー沙希(仲間由紀恵)と相田真由美(三浦理恵子)が買い物をしていた。矢野絵里子が声をかけるが、相田真由美の返事は素っ気ない。

矢野絵里子が車で送ると言うが、相田真由美は断り、マイヤー沙希だけが車に乗り込む。矢野絵里子は運転をしながら、病院で筧雅彦(高知東生)と会ったことを話した。

筧雅彦(高知東生)の妻が妊娠したことを知ったマイヤー沙希(仲間由紀恵)は、「早すぎない?たった1年で」と怒りで声を震わせた。

ある日、矢野慎二(渡部篤郎)は日帰り出張で東京を訪れていた。大阪のバーで会った女(仲間由紀恵)に電話するが、女は出ない。

矢野慎二は仕方なく実家へ戻り、妻の矢野絵里子(檀れい)に花をプレゼントすると、女(仲間由紀恵)から電話がかってきた。

矢野慎二(渡部篤郎)が「日帰りで上京したが、もう帰らなければならない」と告げると、女(仲間由紀恵)は「残念ね。でも来週は大阪へ行くは」と教えた。

ある時、マイヤー沙希(仲間由紀恵)の自宅に速達が届く。大河内インターナショナル法律事務所からの速達だった。

マイヤー沙希(仲間由紀恵)は大河内インターナショナル法律事務所で弁護士に会い、離婚する条件として、夫と2人切りで会うことを弁護士に要求した。

その後、マイヤー沙希(仲間由紀恵)が喫茶店を訪れると、筧雅彦(高知東生)が待っていた。

ある日、矢野駿(青山和也)が通っているスイミングスクールに男児・荒木比呂(あらきひろ=馬渕誉)が入会した。「美しい隣人-第3話の視聴率と感想」へ続く。