美しい隣人-第4話のネタバレ-矢野駿を愛撫

ドラマ「美しい隣人」の第4話「満足できない女」のあらすじとネタバレのネタバレ編です。このページは「美しい隣人の第4話あらすじ」からの続きです。

他方、東京へ戻ったマイヤー沙希(仲間由紀恵)は矢野絵里子(檀れい)に左手の包帯を見せ、「好きな人に巻いてもらったの」と報告する。

そして、「これから病院へ行くから、おかあさん(姑)に持ってく物があれば届けるわ」と言い、矢野絵里子からパジャマを受け取った。

マイヤー沙希(仲間由紀恵)は病院へ行き、矢野美津子(草笛光子)にパジャマを渡す。矢野美津子が「絵里子さんは、私のこと怖がってるみたいなの。何か言ってなかった?」と尋ねると、マイヤー沙希は顔を曇らせた。

マイヤー沙希が帰ると、矢野美津子(草笛光子)は矢野敏郎(左右田一平)に「やっぱり絵里子さんは、私のこと怖いと思ってるみたいなの」と漏らす。

その後、マイヤー沙希(仲間由紀恵)は幼稚園へ相田真由美(三浦理恵子)の娘・相田未央(谷花音)へ迎えに行く。帰り道で、相田未央は「おばちゃん。私、見ちゃったの」と矢野駿(青山和也)がスイミングスクールで虐められていることを明かした。

ある日の夜、マイヤー沙希(仲間由紀恵)は矢野絵里子(檀れい)の家を訪れる。マイヤー沙希は話の合間をみて、矢野絵里子に紅茶のおかわりを頼んだ。

紅茶を入れている間に、マイヤー沙希は「駿君の寝顔が見たいな」と言い、矢野絵里子の許可を得て、1人で2階寝室で寝ている矢野駿(青山和也)の元へ向かう。

矢野駿(青山和也)が目を覚ますと、マイヤー沙希(仲間由紀恵)は「スイミングに意地悪な子が居るんだよね。行けるようにしてあげるから、勇気を出してスイミングにおいで」と告げた。

ある日、スイミングスクールの倉庫で、マイヤー沙希(仲間由紀恵)はイジメっ子の荒木比呂(馬渕誉)に「溺れたことある?苦しいわよ。比呂君は溺れる。おばちゃんの知ってる子は水の中で死んじゃった。比呂君は同じ顔している。どうしたら良いか教えてあげようか。絶対に水に近づかないこと」と教えた。

翌日、矢野駿(青山和也)はマイヤー沙希(仲間由紀恵)に駆け寄り、「比呂君がスイミング辞めた。おばちゃんが?」と聞くと、マイヤー沙希は「これは2人だけの秘密ね」と答えた。

その後、大きな木の上で、マイヤー沙希(仲間由紀恵)は矢野駿(青山和也)を愛撫しながら、「駿君が欲しくなっちゃった」とつぶやくのであった。「美しい隣人-第4話の視聴率と感想」へ続く。