美しい隣人-第5話のあらすじ-真下亜美はストカー

ドラマ「美しい隣人」の第5話「絶体絶命」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。

第4話のあらすじは「美しい隣人-第4話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。ドラマ「美しい隣人」の原作は「美しい隣人-原作」をご覧ください。

携帯電話に届いた息子・矢野駿(青山和也)の画像を見て、矢野絵里子(檀れい)は矢野駿を捜す。家の中には矢野駿の姿がない。矢野絵里子は、慌てて家を飛び出す。

1年前のあの日、マイヤー沙希(仲間由紀恵)は息子・隼人を捜し回っていた。マイヤー沙希が池にたどり着くと、少年が溺れて死んでいた。

マイヤー沙希(仲間由紀恵)が、慌てて出かける矢野絵里子に声をかけた。矢野絵里子が、矢野駿(青山和也)が居なくなったことを説明すると、マイヤー沙希は「駿君ならうちにいるよ。メール見なかった?」と明かした。

矢野絵里子(檀れい)が「メールアドレス教えた」と尋ねると、マイヤー沙希(仲間由紀恵)は「うん。電話番号を聞いたときに。ちゃんと登録しといてね」と答えた。

その日の夜、大阪出張中の矢野慎二(渡部篤郎)がバー「NEST(ネスト)」を訪れると、部下の真下亜美(藤井美菜)が待ち構えて居た。

真下亜美(藤井美菜)はバーの名前から、矢野慎二(渡部篤郎)が通っているバーを突き止めたのだった。真下亜美はモーションをかけるが、矢野慎二に拒絶され、怒って帰ってしまう。

ある日の夜、大阪へ引っ越した元隣人の関加奈(鈴木砂羽)夫婦が、矢野慎二(渡部篤郎)がマイヤー沙希(仲間由紀恵)とタクシーに乗り込むところを目的した。

タクシーの中で、マイヤー沙希(仲間由紀恵)は矢野慎二(渡部篤郎)の肩に頭を預け、「貴方の部屋が見てみたいな」とつぶやいた。

マイヤー沙希(仲間由紀恵)は矢野慎二(渡部篤郎)の部屋を見て回る。そこへ、妻の矢野絵里子(檀れい)から電話が入る。矢野慎二が電話で話している間に、マイヤー沙希は洗面所にあるクシで髪をといた。

翌朝、矢野絵里子(檀れい)の自宅に電話がかかってくる。矢野絵里子が電話に出ると、相手は「死ね」と言って電話を切った。

あるとき、大きな木の下で松井理生(南圭介)は「どこ?」と聞くと、マイヤー沙希(仲間由紀恵)は「大阪」と答えた。

松井理生(南圭介)は「駿かと思ったけど絵里子さんか。何が目的だよ」と問うと、マイヤー沙希(仲間由紀恵)は「別に。絵里子さんに言ってみれば?私が何か企んでるって」と言い立ち去った。

ある日、法事のために東京へ戻ってきた関加奈(鈴木砂羽)が、矢野絵里子(檀れい)の自宅を訪れた。矢野絵里子は関加奈に、相田真由美(三浦理恵子)との仲が上手くいっていないことを相談した。

そこへ、自宅の電話が鳴る。矢野絵里子(檀れい)は、電話線を抜いてしまう。関加奈(鈴木砂羽)が事情を聴くと、矢野絵里子は「死ね」というイタズラ電話がかかってくることを打ち明けた。

その日の夜、関加奈(鈴木砂羽)夫婦は相田真由美(三浦理恵子)夫婦と会っていた。相田真由美は「離婚歴を他人に喋った」と、矢野絵里子(檀れい)と不仲になった理由を関加奈に説明した。

関加奈(鈴木砂羽)は、大阪出張中の矢野慎二(渡部篤郎)が浮気しているかもしれないと明かして、「絵里子さんは大変な時期なの。力になってあげて」と頼んだ。

一方、マイヤー沙希(仲間由紀恵)は矢野絵里子(檀れい)の自宅を訪れていた。

マイヤー沙希が「明日はホタルの会へ行くでしょ?」と尋ねると、矢野絵里子は「行かない。主人の実家を掃除に行かなきゃ。やっと退院するの」と答え、電話で「死ね」と言われたことを明かした。

マイヤー沙希(仲間由紀恵)が「女?私も同じような電話を受けたことがある。主人の女に決まってるじゃない。何もしてないのに恨まれるなんて」と話した。

そこへ、矢野駿(青山和也)がトイレに起きてきた。矢野駿はマイヤー沙希(仲間由紀恵)を見ると、「おばちゃーん」と言って抱きついた。「美しい隣人-第4話のネタバレ」へ続く。