美しい隣人-第6話のネタバレ

草笛光子が出演するドラマ「美しい隣人」の第6話「地獄の快気祝い」のあらすじとネタバレのネタバレ編です。このページは「美しい隣人-第6話あらすじ」からの続きです。

矢野慎二(渡部篤郎)が「僕だって、誰でも良いって訳じゃない。君だからこうなってしまったと思う」と答えると、マイヤー沙希(仲間由紀恵)は「今度は東京で会ってみる」と矢野慎二を見つめた。

矢野慎二(渡部篤郎)が「東京に戻るかもしれない」と明かす。マイヤー沙希(仲間由紀恵)「何か変わるかしら」と問うと、矢野慎二が「何も変わらないよ」と言い、マイヤー沙希を抱いた。

ある日、義母の矢野美津子(草笛光子)が退院することになった。病院からの帰りに、矢野絵里子(檀れい)が保育園へ行くが、矢野駿(青山和也)は既に相田真由美(三浦理恵子)らとともに帰っていた。

矢野絵里子(檀れい)は相田真由美(三浦理恵子)に話を聞くと、相田真由美は、矢野駿はマイヤー沙希(仲間由紀恵)と一緒に帰ったことを教える。

そのころ、マイヤー沙希(仲間由紀恵)は矢野駿(青山和也)に「おばちゃんの事好き?ママとどっちが好き」と尋ねると、矢野駿は「ママ」と答えた。

矢野絵里子(檀れい)はマイヤー沙希(仲間由紀恵)の家へ行き、「こういうことは困るの」と告げると、マイヤー沙希は「今日、退院する日でしょ。遅く成るかと思って」と釈明した。

マイヤー沙希(仲間由紀恵)が謝罪すると、矢野絵里子(檀れい)は「都合の良い日だけ頼んだりして、私の方こそごめんなさい」と謝った。

ある日、会社で真下亜美(藤井美菜)は、矢野慎二(渡部篤郎)が東京勤務になることを知る。

矢野慎二(渡部篤郎)は、大阪へ来た矢野絵里子(檀れい)に東京勤務が決まったことを報告した。

その日の夜、矢野絵里子(檀れい)は洗面台で、見覚えのないクシを見つける。それはマイヤー沙希(仲間由紀恵)が髪をといで置いていったクシだった。

翌日、矢野絵里子(檀れい)は関加奈(鈴木砂羽)に、「あの部屋にまで連れてくるなんて酷い」と矢野慎二(渡部篤郎)の不倫を相談する。

関加奈は取り乱す矢野絵里子に、「もう少し静観するべきだと思う。もうすぐ東京転勤でしょ。距離が遠くなれば別れるわよ。どこまでも信じる人が強いのよ」とアドバイスした。

ある日、マイヤー沙希(仲間由紀恵)は、庭で遊んでいた矢野駿(青山和也)に呼び出し、「あのお部屋に置いておくからね。内緒よ」と言い、アッセンブルボーグのオモチャを見せた。

翌日、矢野絵里子(檀れい)がマイヤー沙希(仲間由紀恵)に、義母の快気祝い日を伝えようとするが、マイヤー沙希は既に予定を知っていた。義母の矢野美津子(草笛光子)がマイヤー沙希に伝えていたのだった。

ある日、矢野絵里子の自宅で、義母矢野美津子(草笛光子)の快気祝いが開かれた。マイヤー沙希(仲間由紀恵)が花束を持って、快気祝いに現れたのだった。「美しい隣人-第6話の視聴率と感想」へ続く。