外交官・黒田康作-第6話のあらすじ

ドラマ「外交官・黒田康作」の第6話「悲しき犯人逮捕」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。原作や主題歌については、「天使の報酬と主題歌」をご覧ください。

株式会社ブライトンジャパンの社長・吉村進(大河内浩)が殺された。塩化カリウムによる毒殺だった。

大垣利香子(柴咲コウ)は黒田康作(織田裕二)に「霜村さんとの間に何があったんですか」と質問すると、黒田康作は「なぜ、あの場に君の上司が居た。事前に知らせていたからだろ」と言い、立ち去った。

一方、フリーライターの佐々木藍子(片瀬那奈)は霜村毅(香川照之)に、「どうして殺したんですか?霜村さんは反対してたじゃないですか」と問うと、霜村毅は「腹をくくったんだ。だからこの手で殺したんだ」と答えた。

他方、佃警察署は、アメリカで自殺したことになっている霜村毅(香川照之)を殺人事件の容疑者として、公開捜査に乗り出した。報道機関も一連の事件を報じる。

自宅に戻った大垣利香子(柴咲コウ)は、霜村瑠衣(夏帆)に11年前の事件について聞く。

そのころ、黒田康作(織田裕二)は安藤庸介(鹿賀丈史)と会い、11年前の日本大使館立て籠もり事件について話しはじめた。

11年前、現地の日本人を労うためにパーティーが開かれた。霜村毅(香川照之)は出張で不在だったが、黒田康作(織田裕二)が霜村倫世(紺野まひる)を誘い、パーティーに参加していた。

人質となった黒田康作(織田裕二)は無線機で、現地警察に突入の合図を出し、警察が突入すると、黒田康作らは裏口から逃げた。

黒田康作(織田裕二)は霜村倫世(紺野まひる)を連れて、日本大使館の裏口から出たが、霜村倫世は背後から銃弾を浴びて、死んでしまったのだった。

安藤庸介(鹿賀丈史)は黒田康作(織田裕二)に「外務省に保管されている立て籠もり事件の資料だ。閲覧に特別の許可が要る機密文章扱いだった」と言い、資料を渡した。

一方、佐々木藍子(片瀬那奈)が霜村毅(香川照之)に差し入れを持ってくる。霜村毅は「すまない。最初から僕1人でやっていれば」と話した。

そのころ、佃警察署では、霜村毅(香川照之)が逃走に使用していた車の発見が報告された。車の持ち主は熊田誠一だった。熊田誠一は前科があり、警察との関わり合いを避けるため、車の盗難を警察に届けていなかった。

黒田康作(織田裕二)は、11年前にメキシコのユニセフで霜村倫世(紺野まひる)と一緒に働いていた女性の自宅を訪れ、当時の霜村倫世について聞く。

女性は、11年前のメキシコでは伝染病が流行っており、アメリカの製薬会社「ブライトン製薬」から薬の無償提供を受けていたことや、霜村倫世が無償提供を受けた薬について、ブライトン製薬に副作用や安全性の説明を求めていたことを教えた。

そのころ、熊田誠一からの聞き込みを終えた大垣利香子(柴咲コウ)は、工場の外に出していた熊田誠一のゴミ袋の中から、カレンダーを見つる。

そして、カレンダーに書かれていた電話番号に電話をかけると、電話に出たのは上司の山路貴繁(岩松了)だった。「外交官・黒田康作-第6話のネタバレ」へ続く。