外交官・黒田康作-第6話のネタバレ-山路貴繁を逮捕

ドラマ「外交官・黒田康作」の第6話「悲しき犯人逮捕」のあらすじとネタバレのネタバレ編です。このページは「外交官・黒田康作-第6話のあらすじ」からの続きです。

大垣利香子(柴咲コウ)は黒田康作(織田裕二)に報告しようとするが、黒田康作は電話に出なかった。

一方、悠木圭一(萩原聖人)は外務大臣・斉藤修助(近藤正臣)に、黒田康作(織田裕二)が11年前の日本大使館の立て籠もり事件の関係者だったことを報告する。

併せて、外務副大臣の観上祥子(草刈民代)は黒田康作(織田裕二)に懐柔されており、観上祥子が外務省の対応を批判する可能性があることを報告した。

その日の夜、黒田康作(織田裕二)は外務副大臣・観上祥子(草刈民代)と食事をしていた。

観上祥子(草刈民代)は「資料を見た。日本大使館立て籠もり事件は、貴方に落ち度はなかった。あの事件が起こらなければ、要職に就いていたかもしれない」と告げると、黒田康作(織田裕二)は「私はいち外交官です。与えられた仕事を全うするだけです」と答えた。

観上祥子(草刈民代)は「霜村さんの事件をまだ追うつもりなの?外務省は事件のことを警察に一任する方針よ」と告げると、黒田康作(織田裕二)は「これは私が追うべき事件です」と答えた。

そして、黒田康作(織田裕二)は観上祥子(草刈民代)に、11年前に霜村倫世(紺野まひる)を撃った銃は、ゲリラが使用していた銃弾ではなく、日本大使館に突入した現地警察が使用していた銃弾「フルメタルジャケット」だったことを明かした。

そこへ、大垣利香子(柴咲コウ)が現れた。大垣利香子は課長・山路貴繁(岩松了)と霜村毅(香川照之)が繋がってることを報告するが、黒田康作(織田裕二)は「外務省の仕事が立て込んでいる」と言い、大垣利香子を追い返してしまう。

翌日、観上祥子(草刈民代)は鴨下祐司(大倉孝二)を呼び出し、「黒田康作(織田裕二)には私の仕事を手伝ってもらう。了承しておいて」と告げた。

管理官・新居田一彦(田中哲司)は黒田康作(織田裕二)の様子を聴くと、大垣利香子(柴咲コウ)が「外務省の仕事が忙しいらしいです。今日も出張で都内にいません」と報告した。

その後、電話を受けた山路貴繁(岩松了)が佃警察署を出ると、大垣利香子(柴咲コウ)は跡を付けた。

そのころ、佐々木藍子(片瀬那奈)は、霜村毅(香川照之)に車を渡し、車を降りて周囲の警戒にあたっていた。警戒中の佐々木藍子は課長・山路貴繁(岩松了)を尾行する大垣利香子(柴咲コウ)を発見する。

山路貴繁(岩松了)は車に乗り込むと、霜村毅(香川照之)に鍵を渡す。佐々木藍子(片瀬那奈)は霜村毅に、尾行の存在を報告する。

課長・山路貴繁(岩松了)は大垣利香子(柴咲コウ)を見つけると、車を降りて路地へ入り込む。大垣利香子は山路貴繁を追う。

大垣利香子が角を曲がると、山路貴繁が大垣利香子に「何してんだ。地図だけ作ってろって言っただろ」と詰め寄った。

そこへ、黒田康作(織田裕二)が現れた。山路貴繁(岩松了)は警棒を取り出して、黒田康作に襲いかかる。しかし、黒田康作は簡単に、山路貴繁を倒し、大垣利香子(柴咲コウ)に手錠を掛けさせた。

大垣利香子(柴咲コウ)が、海外出張中の黒田康作(織田裕二)が日本に居る理由を聞くと、黒田康作は「吉村社長が殺害されたとき、こちらの動きが霜村に筒抜けだった。警察内部に内通者が居る」と答えただのであった。

外交官・黒田康作-第6話の視聴率と感想」へ続く。