美しい隣人-美空野町のモデル

仲間由紀恵が出演するドラマ「美しい隣人」の第7話「夫を誘惑した本当の理由」の感想後編と美空野町のモデルについてです。このページは「美しい隣人-第7話の感想」からの続きです。

ミニ情報:美しい隣人に登場する美空野町のモデル(ロケ地)は、神奈川県横須賀市佐島の丘1丁目で、美空野町はのモデルは神奈川県横須賀市佐島の丘2丁目です。

さて、愛人を妊娠させた筧雅彦(高知東生)は、内装や家具の仕事をしていることが明かとなった。マイヤー沙希(仲間由紀恵)は矢野絵里子(檀れい)に、内装関係の仕事をしていると自己紹介している。

2人は、夫婦共働きだったのだろうか。もしかして、職場結婚だったのかもしれない。筧雅彦(高知東生)は内装会社の社長で、従業員のマイヤー沙希(仲間由紀恵)と結婚した。そして、マイヤー沙希が家を出てから、別の従業員を愛人にしたのではないか。などと想像が膨らむ。

第7話で筧雅彦(高知東生)は矢野絵里子(檀れい)に名刺を渡していたので、名刺も1つのキーワードになるのかもしれない。

矢野絵里子(檀れい)と再会した筧雅彦(高知東生)は、マイヤー沙希(仲間由紀恵)の目的に気づいたようである。マイヤー沙希は否定していたが、当たらずとも遠からずといったところだろう。

マイヤー沙希(仲間由紀恵)の目的を予想するためは、隼人が池で溺れた原因ではなく、隼人はなぜ、美空野町へ来たのかが重要になる。マイヤー沙希や隼人は1年前のあの日、なぜ、美空野町に居たのか。

あの日、美空野町ではお祭りが開かれていた。そして、その催しの1つとして、ホタルイベントが開かれていた。マイヤー沙希(仲間由紀恵)は息子の隼人にホタルを見せるために、美空野町を訪れたのではないか。

隼人が溺れた池の上流には、矢野絵里子(檀れい)ら「ホタルの会」がホタルを放流している小川がある。隼人は池でホタルに気を取られて溺れてしまった。

マイヤー沙希(仲間由紀恵)は息子・隼人が死んだ原因は隼人だと考え、ホタルの放流している「ホタルの会」を恨んで復讐を考える。

そして、偶然、ネットカフェで矢野絵里子(檀れい)のブログ「ERIKOのホタル日誌」を発見し、矢野絵里子にロックオンしたのではないか。

さて、ドラマ「美しい隣人」も終盤にさしかかってきた。ヒステリーを起こした被害妄想気味な矢野絵里子(檀れい)が最終回で、精神異常なマイヤー沙希(仲間由紀恵)とどう対決するのかが楽しみだ。

ドラマ「美しい隣人」の原作とも言えるノベライズ小説を読みながら、ドラマを観るとより楽しめる。ドラマはノベライズと結末が違うので、ドラマの結末も楽しみである。

ドラマ「美しい隣人」のノベライズ小説については「美しい隣人-ノベライズ」をご覧ください。

美しい隣人-美空野町のモデルへのコメント

美しい隣人で流れてました、外人さんの曲を教えてもらいたいのですが。

  • 投稿者-
  • 坂本陽一
  • -2011年9月3日

それだけの情報では断定できませんが、おそらく、美しい隣人のサウンドトラックに収録されている曲「Fireflies」だと思います。

  • 投稿者-
  • 管理人
  • -2011年9月3日