美しい隣人-最終回のあらすじ

檀れいが出演するドラマ「美しい隣人」の最終回「勝つ女」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。第9話のあらすじは「美しい隣人-第9話のあらすじ」をご覧ください。

矢野絵里子(檀れい)は筧雅彦(高知東生)の事務所を訪れて、妻のマイヤー沙希(仲間由紀恵)について尋ねた。

筧雅彦(高知東生)は「お子さん(駿)は無事なんですよね」と尋ねると、矢野絵里子(檀れい)は「一応、無事です。駿の中には、まだあの人が居るんです」と答えた。

矢野絵里子(檀れい)はマイヤー沙希(仲間由紀恵)の居場所を問うが、筧雅彦(高知東生)も居場所を知らなかった。

筧雅彦(高知東生)は、マイヤー沙希(仲間由紀恵)との結婚生活は6年少し続いたことを明かして、話し始めた。

筧雅彦(高知東生)はマイヤー沙希(仲間由紀恵)と出会った当時、結婚していたが、妻と別居中だったこともあり、直ぐにマイヤー沙希と暮らし始めた。そして、妻と離婚した。

筧雅彦(高知東生)は再婚して気づいた。マイヤー沙希(仲間由紀恵)は、他人からすれば何でもないようなことで、別人のようになるほど怒ることを。マイヤー沙希が怒り出せば、筧雅彦になすすべはなく、嵐が過ぎ去るのを待つしかなかった。

そして、筧雅彦(高知東生)は「傷ついた人は、泣いたり落ち込んだりしますよね。でも彼女は攻撃に転じるんです。傷つけば傷つくほど、激しく攻撃に出るんです」と明かした。

矢野絵里子(檀れい)が「彼女は何に傷ついたのでしょう?」と質問すると、筧雅彦(高知東生)は「やはり、あなた方の子供が助かったということが」と答える。

しかし、矢野絵里子(檀れい)は「でも、何となくですけど、彼女の怒りは、主人よりは私1人に向いているような気がするんです。隣に引っ越してくるまでは会ったことはないはず。絶対に傷つけていません」と否定した。

その後、矢野絵里子(檀れい)は岬探偵事務所を訪れ、探偵(堀部圭亮)にマイヤー沙希(仲間由紀恵)の捜索を依頼した。

その日の夜、蛍の会メンバーが喫茶店「ミッキー」に集まる。矢野絵里子(檀れい)も出席するが、「皆さんにお願いがあります。沙希さんを見かけたら、知らせてください。来年にはブログも再会しますので」と言い、先に帰る。

矢野慎二(渡部篤郎)は自宅で「今度の休みに家族で旅行しないか」と誘うが、矢野絵里子(檀れい)は「駄目よ。ここを離れたくない。私、あの人の行方を捜しているの」と断った。

矢野慎二(渡部篤郎)は「会って何をする気なんだ」と問うと、矢野絵里子(檀れい)は「私も分からない。でもこのままだと安心できないの。あの人が居れば、私たちは幸せになれない気がする」と答えた。

矢野慎二は「忘れよう」と言うと、矢野絵里子は「あの人は駿に、自分が本当の母親だって言ったのよ。駿は半分それを信じてた。私が本当の母親じゃないってことが、あの子の中にずっと残るんじゃないかって。こんなに人を憎んだことは初めてよ」と嗚咽して倒れた。

翌日、矢野絵里子(檀れい)の姿は病院のベッドにあった。医師は過度のストレスが原因と診断し、矢野絵里子は入院していたのだった。

矢野慎二は目覚めた矢野絵里子に、松井理生(南圭介)が矢野駿(青山和也)の世話を引き受けたことを伝え、「良い機会だからゆっくり休んで」と言い残して会社へ向かった。

ある時、矢野絵里子(檀れい)が目覚めると、大阪の関加奈(鈴木砂羽)が見舞いに来ていた。矢野絵里子は「やらなきゃならないことがあるの」と打ち明けると、関加奈は「駿くんのことを忘れないで」と忠告した。

松井理生(南圭介)が喫茶店「ミッキー」のバイトを休んでいることを、関加奈(鈴木砂羽)から聞いた矢野絵里子(檀れい)は、矢野駿(青山和也)を探すために病院を抜け出す。

矢野絵里子(檀れい)が美空野公園へ行くと、矢野駿(青山和也)がマイヤー沙希(仲間由紀恵)と自転車に乗る練習をしていた。「美しい隣人-最終回のネタバレ」へ続く。