青山和也は天才子役

青山和也が出演するドラマ「美しい隣人」の最終回「勝つ女」の感想の最終回です。

美しい隣人-最終回の感想のトップページは「最終回でマイヤー沙希が死んだ」です。最終回のあらすじは「美しい隣人-最終回のあらすじ」をご覧ください。

ドラマ「美しい隣人」は、最終回こそ意味不明だが、全体的には面白かった。これも矢野駿を演じた子役・青山和也の演技が良かったからだと思う。

ドラマに登場する子役は、どこか大人じみていたり、どこか媚びていたり、笑顔が営業用だったりして、不自然に感じることが多い。

子役が悪いとドラマがつまらなく感じるが、青山和也の演技は良かったので、ドラマ「美しい隣人」は最終回まで楽しめた。青山和也は、随所に才能の片鱗を表した。

青山和也の困惑する表情や、マイヤー沙希(仲間由紀恵)に愛撫される時の表情は絶品だった。台詞のタイミングを良かった。舌足らずで、少し不細工なところも愛くるしい。

最終回の最後で、DVDを燃やす母親・矢野絵里子(檀れい)に対して、素っ気ない返事をする矢野駿(青山和也)の演技も良かった。

さて、青山和也は、仲間由紀恵や檀れいに何度も愛撫され、2人に抱きつくことができ、頭を使えば三浦理恵子にも抱きつけるかもしれない、この上なく幸せな役に就いている。

マイヤー沙希の「マイヤーの法則」によると、幸せの総和(総量)は一定なので、誰かが幸せになれば、誰かが不幸せになる。

マイヤーの法則が正しければ、私が女性にもてない原因は、青山和也が女性を独占しているからなのかもしれない。多分そうに違いない。そういうことにしておこう。

さて、ドラマ「美しい隣人」は、ストリー以外にも演技や衣装などで楽しむことができた。特に、矢野絵里子(檀れい)の衣装は楽しめた。

檀れいが着ている衣装については「美しい隣人で矢野絵里子(檀れい)が着てる服」をご覧ください。

檀れいが着ていたフリフリの付いた服もかわいいし、ファーの付いたコートも良かった。花の刺繍の入ったパジャマはどこで購入したのか問い合わせたいくらいである。

最終回で、マイヤー沙希(仲間由紀恵)と対決するために、真夜中の隣家へ向かった矢野絵里子(檀れい)が着ていた衣装は、ラメの入ったカーディガンとニットとスカートだった。

これから包丁で人を刺そうとしているのに、パジャマからかわいい服に着替える神経が理解できなかった。

いくら矢野絵里子(檀れい)のかわいい服が見所といっても、殺伐としたシーンでかわいい服を着ていたのでは、緊張感が伝わってこない。

しかし、細かいことを気にしないのが「美しい隣人」の良さなのだと思う。あまり深く考えず、気楽に観ると非常に面白いドラマだった。

細かいことと言えば、最終回の最後で、マイヤー沙希(仲間由紀恵)が言っていた台詞が聞き取れなかった。マイヤー沙希は「あ」や「た」と発音しているよう聞こえた。

最後の台詞は意味深長のように思えるが、何も深い意味は無いと思う。最後の台詞も深く考えない方が良い。ドラマ「美しい隣人」は、意味を求めずに雰囲気を楽しむドラマだと思う。

マイヤー沙希(仲間由紀恵)が死んだのか、生きているのか。DVDの送り主は誰なのだろうか。マイヤーという名前の意味は何だったのだろうか。ドラマ「美しい隣人」の最終回は結末をぼかしているので、それに答えを求める人も多いかもしれない。

だが、私は答えを出す必要はないと思う。なぜなら、その答えを求めるということは、矢野絵里子(檀れい)の服を脱がせようとする行為と同じだからである。

矢野絵里子(檀れい)はフリフリの服を着ているからかわいいのだし、マイヤー沙希(仲間由紀恵)はベールに包まれているからこそ、謎めいているのだ。

矢野絵里子(檀れい)の服を脱がせようとすると、京都人はこう言うだろう。「無粋なまねをしたらあきまへん」と。

答えを求めるのではなく、余韻を楽しむ。それがドラマ「美しい隣人」の楽しみ方ではないだろうか。

さて、青山和也の演技が良かったし、檀れいの衣装をもう一度観たいので、DVDが発売されたら買うことにする。DVD-BOXには特典ディスクが付いているので、美しい隣人の謎は、DVD-BOXで明らかとなるのかもしれない。

ドラマ「美しい隣人」のノベライズやDVDについては、「美しい隣人のノベライズやDVD」をご覧ください。

青山和也は天才子役へのコメント

一気に最終回のネタバレから感想まで読ませて頂きました!
すごくよく見られてますね。納得する部分が多くてびっくりしました。
ほかの方の感想だとDVDを送ったのはもちろん沙希だという意見が殆ど
でしたが、いや~おみごとでした!すばらしい!
言いたいことがあるとすれば、沙希を刺しに行った時の服は、彼女の中では一番地味な服ではないかと思いました^^フリルも付いてなかったし^^
なにはともあれ、最終回こちらの感想のおかげでとてもスッキリしました!ありがとうございました!

  • 投稿者-
  • マキ
  • -2011年3月21日

最終回のあらすじ、ありがとうございます。
録画を毎週録画に設定していたので、肝心の最終回、途中で切れてしまっていて・・・
ラストが気になっていたのですが、これですっきりしました!

  • 投稿者-
  • いのちゃん
  • -2011年3月25日

ありがとうございました☆
私も肝心の最終回の録画予約が途中で切れてしまっていて…
気になっていたところでした。
映像こそ見れなかったものの、結末が頭に浮かぶように分かり、とてもすっきりしました。

  • 投稿者-
  • いずみ
  • -2011年4月6日

美しい隣人の続編かと言われるサキを観ていて、網浜サキが美しい隣人のマイヤーサキと同一人物だと思われるのですが…
ということはサキは死んでなかったということですよね?
謎は深まるばかりです。解説してもらえると嬉しいです。

  • 投稿者-
  • としえ
  • -2013年2月10日

■としえさんへ
マイヤー沙希と網浜サキは同一人物ですが、ドラマ「美しい隣人」とドラマ「サキ」はどちらが先のエピソードなのかは不明という設定になっています。

ドラマ「サキ」は最終回を迎えていないので、何とも言えませんが、網浜サキ(仲間由紀恵)が新田隼人(三浦翔平)を恨んでいるのであれば、恨んでいる人の名前を我が子に付けるのか、という疑問が残ります。その辺りが焦点になるのではないでしょうか。

  • 投稿者-
  • 管理人
  • -2013年2月10日

初めまして。
かなり濃い内容での解説、解釈の仕方、とても面白かったです。

放送当時から好きなドラマだったので
改めて再放送を見ていて
結末を鮮明に思い出したくなりこのホームページに
たどり着きました。

懐かしいなぁ。と思いながら、ふと気になってしまったのですが
最終回のサキが飛び降りるときに
口ずさんだ台詞は私的に
また。だったのですが
実際の所、明確ではない様で
思い違いだったのかー
と思いました笑

とても面白かったです!


少し

  • 投稿者-
  • へたれ
  • -2014年10月25日

はじめまして。私も再放送でドラマを見てここにだどりついた者です。

パジャマからかわいい服に着替えたのはそれが自分らしく、一番の戦闘服だからだと思います。

特別な会議があるときって服装もネクタイも気合入って選ぶでしょ?それと同じ感覚だと思います。結局自分らしくが強いというか。

可愛さでは本当に癒やされました。
愛らしくてお母さんらしくて幸せな家庭が崩れていく姿を見るのも楽しかったです。
普通の主婦が恨み妬みの感情を強く持つことってそうそう無いことだと思うので・・。

  • 投稿者-
  • -2014年10月28日