「逃亡弁護士」第9話「再会」のあらすじとネタバレ

ドラマ「逃亡弁護士」第9話「再会…無実の証明」のあらすじとネタバレです。第9話でようやく「柏田事件(かしわだ事件)」こと通称「柏田ケース(カシワダケース)」が登場します。

成田誠(上地雄輔)が、五十嵐事務長(フクナガ=佐藤二朗)の居るホテル1室へ入ると、五十嵐事務長は血を流して死んでいた。そばには、血の付いたナイフを持つ元アクサル法律事務所の元事務員・小早川美由紀(村川絵梨)が立っていた。

小早川美由紀は五十嵐事務長に呼び出されただけで殺していないと釈明した。成田誠は小早川美由紀と彼氏とが写った写真を拾い、小早川美由紀とともにホテルから逃走する。

小早川美由紀が到着したときには既に五十嵐事務長は死んでいた。成田誠は一緒に逃げようと促すが、小早川美由紀は「私は指名手配されていない」と拒否したため、成田誠は1人で逃走する。

そのころ、何者かから電話で成田誠の居場所を知らされた連光寺巧(豊原功補)もホテルに到着する。ホテルの監視カメラに成田誠と小早川美由紀の2人が逃走する様子が写っており、真船丈(北村一輝)は五十嵐事務長を殺害したのは成田誠だと決めつける。

小早川美由紀には彼氏が居た。彼氏の佐久間涼介(石田卓也)は過去に、男に絡まれた小早川美由紀を助けるために男を殴って逮捕されたことがあった。成田誠はその傷害事件の裁判で弁護を担当して、執行猶予付き判決を勝ち取っていた。

成田誠は拾った写真の裏に書いてあった電話番号に連絡して、佐久間涼介を呼び出した。佐久間涼介は成田誠をトンネルへ連れて行き、いきなりナイフで襲いかかった。

佐久間涼介は、裁判で執行猶予付き判決を得たものの、裁判で悪者に仕立て上げられた傷害事件の被害者から恨みを買い、裁判後に襲われた。ナイフで顔を切られ、足を折られた佐久間涼介は大学のサッカー推薦も断り、小早川美由紀とも破局したため、成田誠のことを恨んでいた。

佐久間涼介は入院していたとき、よそよそしい小早川美由紀に「顔や足を元に戻すには1000万円が必要だ」と言った。それきり、小早川美由紀は佐久間涼介の元から姿を消したのだった。

成田誠は、「小早川美由紀は逃げたわけではない。確かめよう。それから通報しても遅くはないはずだ」と佐久間涼介に提案する。

一方、東京地検の長谷部秀一(光石研)は、真船丈(北村一輝)に「君の良からぬ噂を伝えてくる者も多い。このままでは君の身辺を調べさせてもらうかも知れない」と釘を刺す。

真船丈は過去に起きた事件の資料をシュレッダーで破棄し始めた。部下の三枝亮子(矢田亜希子)はその資料の一部をこっそりと抜き取っていた。抜き取った資料をアクサル法律事務所の連光寺巧(豊原功補)に渡して、アクサル法律事務所にある過去の資料と照合して欲しいと頼んだ。「黒幕の黒幕とカシワダケース」へつづく。