霧に棲む悪魔-第21話のあらすじ-龍村玄洋の盗撮

戸次重幸が出演するサスペンス昼ドラマ「霧に棲む悪魔」第21話のあらすじとネタバレです。

第20話のあらすじは「霧に棲む悪魔-第20話あらすじとネタバレ」です。原作と主題歌については、「霧に棲む悪魔の原作と主題歌」をご覧ください。

御田園陽一(戸次重幸)はブローチを盗んだ家政婦・平木麻里(田島ゆみか)のポケットからブローチを取り出し、ジュリーボックスに戻して、平木麻里を助けていた。

御田園陽一(戸次重幸)は家政婦・平木麻里(田島ゆみか)に、「助けた代わりに僕の頼みを聞いてくれ。僕が居ない間、妻が何をしているのか1つ漏らさずに報告してくれ」と頼んだ。

家を飛び出した龍村圭以(入山法子)は、偶然見つけた北川弓月(姜暢雄)と話していた。北川弓月は「御田園さんって呼んだ方がいいのかな」と尋ねると、夫の御田園陽一が龍村姓を名乗っている教えた。

北川弓月(姜暢雄)は二言三言の会話を交わした後、「こんなふうにまた会えるとは思わなかった。御田園さんとお幸せに」と告げて立ち去った。

龍村圭以(入山法子)が帰宅すると、家政婦の平木麻里(田島ゆみか)が待っていた。龍村圭以は犯人と疑ったことを謝った。

そして、龍村圭以(入山法子)は御田園陽一(戸次重幸)に、担保の件で弁護士・木島誠吾(鶴田忍)に会いに行くことを告げた。御田園陽一は「助かるよ」と言い、龍村圭以を抱きしめた。

時計に仕込んだ盗撮カメラで一部始終を見ていた龍村玄洋(榎木孝明)は、「木島に会うか、そろそろ手を打たなければ」とつぶやいた。

翌日、龍村圭以(入山法子)は弁護士・木島誠吾(鶴田忍)と会い、「夫の力になりたいの」と告げると、伯父・龍村玄洋(榎木孝明)から龍村家の財産を心配する電話があったと答え、遺言書の作成を提案した。

弁護士・木島誠吾(鶴田忍)は、遺言書を作成して、姉・日浦晴香(京野ことみ)の龍村ファームを相続させれば、龍村家の財産を守れることを説明した。

そのとき突然、弁護士・木島誠吾(鶴田忍)が胸を押さえて苦しみだした。龍村圭以(入山法子)は急いで人を呼ぶ。

そのころ、家政婦の平木麻里(田島ゆみか)は、龍村圭以(入山法子)の自宅で仕事をせず、音楽を流して踊りっていた。平木麻里が部屋で踊っていると、龍村玄洋(榎木孝明)が盗撮カメラを仕込んだ時計を落として壊してしまった。

その後、龍村圭以(入山法子)は蓮見依子(中田喜子)の自宅を訪れ、「夫に融資してくれる人を紹介してください。お願いします」と土下座した。

蓮見依子(中田喜子)は「分かったわ。私に任せてください。喜んで力を貸すわ」と手をさしのべた。

龍村圭以(入山法子)が帰宅すると、リビングに置いていた時計が無くなっていることに気づいた。アンティークの置き時計が合った場所には、白いデジタル時計が置いてあった。

龍村圭以が平木麻里(田島ゆみか)に「伯父様がくれた時計は?時計はどこに置いたの?」と尋ねるが、平木麻里は困惑した表情で「分からないです。今夜は失礼します」と言って帰ろうとする。

龍村圭以(入山法子)が平木麻里(田島ゆみか)を呼び止めると、ちょうど御田園陽一(戸次重幸)が帰宅した。龍村圭以はデジタル時計を指さして、御田園陽一に「変だと思わない」と尋ねた。

しかし、御田園陽一(戸次重幸)は「少し時間が遅れてるかな?」と答えた。龍村圭以は「それじゃ、貴方まであれが伯父様がくださった時計だというの」と言い、部屋を飛び出した。

御田園陽一(戸次重幸)は平木麻里(田島ゆみか)に「時計はどうした」と聞くと、平木麻里は「壊しちゃったの。弁償しろなんて言われても困るし」と答えるのだった。「霧に棲む悪魔-第21話の感想」へ続く。