高校生レストラン-第2話のネタバレ-調理クラブに復帰

野村周平が出演するドラマ「高校生レストラン」の第2話「開店料理」のあらすじとネタバレのネタバレ編です。

このページは「高校生レストラン第2話のあらすじ」からの続きです。

ある日、村木新吾(TOKIO松岡昌宏)の実家に銀座にある料亭「かちょう」のオーナー風間(高橋克実)がやってきた。風間は村木新吾が働いていた料亭のオーナーだった。

風間(高橋克実)は村木定俊(原田芳雄)に、村木新吾(松岡昌宏)が料亭を辞めた理由を明かした。

常連客の1人が村木新吾に「料理に心がこもってない」と言いだした。村木新吾は客をにらみ返すと、常連客は「料理を取るのか、客を取るのか」と言った。村木新吾は自分の腕を取り、料亭を辞めたのだった。

一方、高校生レストランの調理場では、部長の中村幸一(野村周平)が、自分たちで作った御膳を村木新吾(松岡昌宏)に出し、「高校生御膳を作らせてください」と訴えていた。

坂本陽介(神木隆之介)らは「大人の都合は関係ない。僕らにチャンスをください。ここで勉強したことを活かしたいんです」と訴えた。

高校生御膳を1口食べた村木新吾(松岡昌宏)は「もう1度作ってみろ。ただし、今度は砂糖の量を増やせ」と指示した。

しばらくすると、村木遥(吹石一恵)が風間(高橋克実)を連れて、調理場へやってきた。風間は村木新吾(松岡昌宏)に、苦情を言った常連客が謝りに来たことを伝えた。

2人が話していると、高校生御膳が完成した。風間(高橋克実)は出汁巻玉子を1口食べると、「出汁が効いている。上手いよ」と褒めたが、他の料理には手を付けなかった。

帰りぎわ、村木新吾(松岡昌宏)が風間(高橋克実)に高校生御膳の味を尋ねると、「無理だろうなあの御膳じゃ。半端な味じゃ店は潰れる。俺はお前を連れ戻しに来たんだ。お前は子供相手の場所で埋もれてる男じゃない。戻ってこい」と告げた。

一方、岸野宏(伊藤英明)は吉崎文香(板谷由夏)に、辞めた料理部の復帰を頼むが、吉崎文香は部活動で客からお金を取ることに異論を唱え、協力を断った。

岸野宏(伊藤英明)は派遣社員・都甲仁美(柴本幸)から調理部を辞めた生徒の連絡先を聞き、調理部に戻るように、1人1人を説得してまわった。しかし、生徒の反応は冷ややかだった。

岸野宏(伊藤英明)が村木新吾(松岡昌宏)の自宅へ行くと、村木新吾が生徒達のやる気に答えるため、生徒達の腕で作れる御膳を考案中だった。

翌朝、村木新吾(松岡昌宏)らが徹夜で作った御膳を村木定俊(原田芳雄)に出す。村木定俊は、お吸い物を1口飲んで、「上手い」と言った。

村木新吾(松岡昌宏)は高校生レストランの厨房へ行き、考案した御膳を披露し、御膳のメインとなる天ぷらを坂本陽介(神木隆之介)に任せた。

調理クラブの部員は高校生御膳の準備で活気づく。楽しそうに料理の話しをする部員を目の当たりにした元部員らは、復部願いを出し、辞めた13人全員が料理クラブに戻ったのだった。「高校生レストラ-第2話の感想」へ続く。