霧に住む悪魔-第28話のあらすじとネタバレ

戸次重幸が出演するフジテレビ系ミステリードラマ「霧に住む悪魔」の第28話のあらすじとネタバレです。

ドラマ「霧に住む悪魔」の第27話のあらすじは、「霧に棲む悪魔-第27話のあらすじとネタバレ」をご覧下さい。原作と主題歌については、「霧に住む悪魔の原作と主題歌」をご覧ください。

横浜にある自宅のベッドで龍村圭以(入山法子)が目覚めると、ベッドの脇に御田園陽一(戸次重幸)が立っていた。

龍村圭以は「あなたの過去に、どんな秘密があるのか、私は知らない。秘密が何であろうと、私はあなたの妻よ。一緒に乗り越えていきましょう。信じてるわ」と告げた。

そこへ、注射器を持った人物が寝室へ入ってきた。その人物は、龍村圭以(入山法子)の足首に謎のアンプルを注射した。すると、龍村圭以は「こう1度帰りたい。あの丘へ」と言い、目を閉じた。

御田園陽一(戸次重幸)は龍村圭以(入山法子)を抱き起こして号泣する。

1ヶ月後、ある町で漁師をしていた北川弓月(姜暢雄)は、近所の子供から大根を貰う。

北川弓月が、大根の包んでいた新聞に目をやると、龍村圭以(入山法子)の訃報記事が飛び込んできた。龍村圭以は、1ヶ月前に心不全で死亡していた。

その頃、龍村ファームでは、龍村圭以(入山法子)の死亡1ヶ月の追悼コンサートを行っていた。

追悼コンサートが終わると、蓮見依子(中田喜子)は御田園陽一(戸次重幸)に「約束は、貴方が受け取る配当の半分よ」と告げると、御田園陽一は「ご冗談を。3割の約束です」と答えた。

その後、御田園陽一(戸次重幸)の元に荻野克次(逢坂じゅん)がやってきた。

荻野克次は御田園陽一に、白衣の女・安原霧子(入山法子)の事を尋ねると、御田園陽一は「病院で治療を受けています。彼女のことはもうこれきりにしてください。彼女は龍村の家とは何の関係もない人間です」と答えた。

御田園陽一(戸次重幸)は龍村圭以(入山法子)の写真に前に立つと、「愛している。永遠に」と言って肩を振るわせるが、「400億か、悪くない」と言って笑い出した。

そのころ、北川弓月(姜暢雄)は龍村ファームを訪れていた。「龍が眠る丘」には、龍村圭以(入山法子)の墓があった。

北川弓月は龍村圭以(入山法子)の墓にリンゴを置いて、肩を落とした。そして、2人の思い出を回想していると、そこへ、日浦晴香(京野ことみ)が現れた。「霧に住む悪魔-第28話の感想」へ続く。