皮膚描記症からHES(突発性好酸球性増多症)を特定

ドラマ「GM・踊れドクター」第8話「食道がん」のあらすじとネタバレです。このページは「GM・踊れドクター第8話のあらすじとネタバレ」からの続きです。

小島啓太(袴田吉彦)は仕事で成功したが、小島啓太のこと本当に心配して見舞いに来てくれる人は居ない。小島啓太には貧しい時代を支えてくれた妻がいたが、垢抜けない妻の顔を見ていると貧乏だった頃の自分を思い出すから離婚した。離婚するときも、多額の慰謝料をやるのだからラッキーだろと思っていた。「癌と分かってから手紙を出したが、来てくれるわけがない」と泣く。

小島啓太の病気は何か?食道と肺と脳と心臓とに同時に症状が出る病気とは?それぞれ別の病気が同時に発症する確立は0に等しい。必ず、全ては繋がっている。ついにファイヤー後藤(東山紀之)がファイヤーした。

ファイヤー後藤は小島啓太の背中を小向桃子(多部未華子)にひっかかせた。すると、ひっかいた跡が浮かび上がってきた。皮膚描記症だった。

この皮膚描記症により、ファイヤー後藤は様々な症状の原因を、白血球の中の好酸球が増えすぎたことによるHES(突発性好酸球性増多症)と断定した。

総合診療科は消化器外科へ小島啓太を引き渡さず、好酸球の検査を行い、原因をHES(突発性好酸球性増多症)と特定した。小島啓太は手術を中止して、ステロイドでの治療を始めた。

消化器外科の井上洋介(光石研)は、町谷玲奈(小池栄子)が左遷さられる原因を作ったで医者で、2人は犬猿の仲だったが、井上洋介は「手術は無駄だったか。患者のためには良かった。町谷、良い仲間と仕事してるな」と町谷玲奈を認めた。

小島啓太は退院することになった。結局、元妻は見舞いには来なかった。落ち込む小島啓太に対して、町谷玲奈は「自分から行けば。本当に欲しい物なら」と言い、小向桃子は「これ(子供用のおもちゃ)を持って、男は黙って土下座です」とアドバイスした。第9話につづく。

第8話のプレゼントクイズの答えは「桃子が命名した、ファイヤーの新しいあだ名は?の答えをネタバレ」をご覧ください。

さて、第8話も終わり、「GM・踊れドクター」も終盤にさしかかりました。氷室慎太郎(椎名桔平)の復縁と、「新生アミー&ゴー」のデビューも気になるのですが、明峰病院の事務長・曽根智雄(八嶋智人)が何を企んでいるのかも気になります。