グッドライフ-第8話のあらすじ-わっくんが退院

加部亜門が出演するフジテレビ系ドラマ「グッドライフ-ありがとう、パパ。さよなら」の第8話「パパが伝えたい事」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。

グッドライフ第7話のあらすじは「グッドライフ-第7話のあらすじとネタバレ」をご覧下さい。原作や主題歌は、「グッドライフの原作や主題歌」をご覧ください。

骨髄移植が成功した澤本羽雲(わっくん=加部亜門)が退院した。澤本羽雲が澤本大地(反町隆史)と一緒に帰宅すると、テーブルの上に箱があった。

澤本羽雲(加部亜門)が添えてあったメッセージを開けると、「誕生日おめでとう」と書いてあった。

澤本大地(反町隆史)は「誕生祝いは、まだだったろ」と言うと、澤本羽雲は「ただいまパパ」と言って澤本大地に抱きついた。

その日の夜、2人は手巻き寿司で退院祝いをする。澤本大地(反町隆史)が澤本羽雲(加部亜門)のためにネギトロを巻いてやると、澤本羽雲は澤本大地のために納豆を巻いた。

ある日、澤本羽雲(加部亜門)は澤本大地(反町隆史)に、「わっくんは退院したでしょ。新聞記者はもうしないの?」と尋ねたると、澤本大地は「そのうちな」と答えた。

一方、澤本華織(井川遥)は、東京美術大学の教授・雪村慎平(鹿賀丈史)に澤本羽雲(加部亜門)の退院を報告する。話しを聞いた雪村慎平は、「いいんじゃないですか。一緒に暮らすだけが、家族ではない」と答えた。

ある日、澤本羽雲(加部亜門)が学校へ登校した。澤本羽雲は入院中に澤本大地(反町隆史)と一緒に作った瀬川あおい(畑芽育)にプレゼントする。瀬川あおいは「凄い」と喜んだ。

ある日、澤本大地(反町隆史)は公開授業に参加する。先生が澤本羽雲(加部亜門)を当る。

澤本羽雲は作文を読むが、ボソボソと読むため、みんなに聞こえない。クラスメイトが澤本羽雲のことを笑いはじめたため、先生は他の生徒を当てた。

澤本大地(反町隆史)が帰宅すると、携帯電話が鳴った。電話の主は小児科CLSの紺野七海(榮倉奈々)だった。紺野七海は「お会いしたい。明日はオフなので、いつでも良いです」と告げた。

翌朝、澤本羽雲(加部亜門)が登校すると、折り紙の動物園がグチャグチャに潰されていた。澤本羽雲はグチャグチャになった折り紙の動物園を見て、立ち尽くす。

一方、澤本大地(反町隆史)は喫茶店で紺野七海(榮倉奈々)と会っていた。紺野七海が「あれから病院へは行かれたのですか」と尋ねるが、澤本大地はトイレに立つ。

しかし、澤本大地がトイレから帰って来ない。紺野七海が様子を見に行くと、澤本大地がトイレで倒れていた。

そのころ、学校が終わった澤本羽雲(加部亜門)は、運動場で澤本大地(反町隆史)の迎えを待っていた。しかし、待てども待てども澤本大地は迎えに来ない。「グッドライフ-第8話のネタバレ」へ続く。