外交官・黒田康作の犯人と黒幕

ドラマ「外交官・黒田康作」の原作となる真保裕一の小説「天使の報酬」を読んだので、原作からドラマ「外交官・黒田康作」の犯人と黒幕を予想してみる。 あらすじとネタバレを読む

外交官・黒田康作の原作の犯人と黒幕のネタバレ

映画・ドラマ「外交官・黒田康作」の原作となる真保裕一の小説「天使の報酬」の感想と黒幕や真犯人のネタバレです。このページは黒幕や犯人をネタバレしているので、閲覧にはご注意ください。 あらすじとネタバレを読む

天使の報酬のネタバレと感想

映画・ドラマ「外交官・黒田康作」の原作となる真保裕一の小説「天使の報酬」の犯人や黒幕のネタバレと感想とです。このページには真犯人や黒幕のネタバレが含まれているので、閲覧にはご注意ください。 あらすじとネタバレを読む

原作漫画「美咲ナンバーワン」の感想

ドラマ「美咲ナンバーワン」の原作となる藤崎聖人の漫画「美咲ナンバーワン」の感想です。あらすじは「原作-美咲ナンバーワンのあらすじとネタバレ」をご覧ください。 あらすじとネタバレを読む

NHK大河ドラマ「江-姫たちの戦国」の原作の感想

NHK大河ドラマの原作となる小説「江-姫たちの戦国」の感想です。あらすじは「江-姫たちの戦国のあらすじ」をご覧ください。 あらすじとネタバレを読む

齋藤智浩(水嶋ヒロ)の書評

その昔、阿佐田哲也という作家がいた。彼は「阿佐田哲也」というペンネームと、「色川武大」という本名を使い分けて、数々の名作を世に送り出した。 あらすじとネタバレを読む

香西忠信が自殺

原作漫画「モリノアサガオ」に登場する確定死刑囚・香西忠信(こうざいただのぶ=32歳)についての感想です。ネタバレは「モリのアサガオのネタバレ」をご覧下さい。

被害者遺族に謝罪の手紙を書き続けていた香西忠信は、初めて被害者遺族から返信をもらったさい、刑務官・及川直樹(おいかわなおき)の一言をきっかけに、便せんを口の中に詰めて自殺を図ります。 あらすじとネタバレを読む

杉田藻奈美のテディベアに入れた結婚指輪の秘密

ドラマされた東野圭吾の原作小説「秘密(ひみつ)」の感想とネタバレです。あらすじは「秘密のあらすじ」をご覧下さい。

小学生の杉田藻奈美(すぎたもなみ)となった母親の杉田直子は、杉田藻奈美が大切にしていたテディベアの頭の中に結婚指輪を隠します。 あらすじとネタバレを読む

モリのアサガオの及川直樹の感想

漫画「モリのアサガオ」の主人公で刑務官の及川直樹(おいかわ・なおき)についての感想です。

漫画「モリのアサガオ」を読んで、刑務官の及川直樹はホモだと思った。及川直樹は死刑囚の渡瀬満(わたせ・みつる)に恋愛感情を抱いているようだった。漫画「モリのアサガオ」を読んでいて、及川直樹は気持ち悪るかった。 あらすじとネタバレを読む

モリのアサガオの感想の最終回

ドラマや映画となった郷田マモラの漫画漫画「モリのアサガオ」(全7巻)を読んだネタバレを含んだ感想の最終回です。このページは「モリのアサガオの感想とネタバレ」からの続きです。

刑務官の及川直樹(おいかわ・なおき)は寝る前にいつも苦悩しているし、星山克彦の死刑執行に加わった岡田敦史は、星山克彦を殺したことを苦にして退職する。これではどちらが囚人なのか分からない。 あらすじとネタバレを読む

ネタバレを検索