香西忠信が自殺

原作漫画「モリノアサガオ」に登場する確定死刑囚・香西忠信(こうざいただのぶ=32歳)についての感想です。ネタバレは「モリのアサガオのネタバレ」をご覧下さい。

被害者遺族に謝罪の手紙を書き続けていた香西忠信は、初めて被害者遺族から返信をもらったさい、刑務官・及川直樹(おいかわなおき)の一言をきっかけに、便せんを口の中に詰めて自殺を図ります。 あらすじとネタバレを読む

杉田藻奈美のテディベアに入れた結婚指輪の秘密

ドラマされた東野圭吾の原作小説「秘密(ひみつ)」の感想とネタバレです。あらすじは「秘密のあらすじ」をご覧下さい。

小学生の杉田藻奈美(すぎたもなみ)となった母親の杉田直子は、杉田藻奈美が大切にしていたテディベアの頭の中に結婚指輪を隠します。 あらすじとネタバレを読む

モリのアサガオの及川直樹の感想

漫画「モリのアサガオ」の主人公で刑務官の及川直樹(おいかわ・なおき)についての感想です。

漫画「モリのアサガオ」を読んで、刑務官の及川直樹はホモだと思った。及川直樹は死刑囚の渡瀬満(わたせ・みつる)に恋愛感情を抱いているようだった。漫画「モリのアサガオ」を読んでいて、及川直樹は気持ち悪るかった。 あらすじとネタバレを読む

モリのアサガオの感想の最終回

ドラマや映画となった郷田マモラの漫画漫画「モリのアサガオ」(全7巻)を読んだネタバレを含んだ感想の最終回です。このページは「モリのアサガオの感想とネタバレ」からの続きです。

刑務官の及川直樹(おいかわ・なおき)は寝る前にいつも苦悩しているし、星山克彦の死刑執行に加わった岡田敦史は、星山克彦を殺したことを苦にして退職する。これではどちらが囚人なのか分からない。 あらすじとネタバレを読む

原作「モリのアサガオ」の感想とネタバレ

郷田マモラの漫画「モリのアサガオ」(全7巻)を読んだネタバレを含んだ書評と感想です。このページは「モリのアサガオの感想」からの続きです。

死刑執行に立ち会った人は午後の仕事は休みとなるうえ、刑の執行から2日間の特別休暇がもられる。さらに、死刑執行手当2万円が出る。死刑執行手当は死刑施行日の午後に酒場で使い果たしてしまうそうだ。 あらすじとネタバレを読む

モリのアサガオの感想

テレビ東京でドラマ化されるので、原作となる漫画「モリのアサガオ」を読みました。郷田マモラの漫画「モリのアサガオ」(全7巻)を読んだネタバレを含んだ書評と感想です。

作者の郷田マモラは天才。ストリーが凄い。絵は独特過ぎて理解できなかったが、ストリーは素晴らしい。久しぶりに人に薦めることができる漫画を読んだ。興味があれば、ぜひ漫画「モリのアサガオ」を読んで欲しい。 あらすじとネタバレを読む

杉田直子と杉田藻奈美の秘密とネタバレと感想

東野圭吾(ひがしの・けいご)の原作小説「秘密」のあらすじとネタバレの杉田直子と杉田藻奈美のネタバレと感想です。このページは「秘密のネタバレと感想」からの続きです。 あらすじとネタバレを読む

秘密のネタバレと感想

志田未来の主演でドラマ化されるため、原作となる東野圭吾(ひがしの・けいご)の小説「秘密」を読みました。秘密のネタバレやあらすじを含んだ感想です。ネタバレ編は「秘密・梶川幸広のネタバレ」です。 あらすじとネタバレを読む

モリのアサガオの笹野武のネタバレと感想

郷田マモラの漫画「モリのアサガオ」に登場する確定死刑囚・笹野武(ささのたけし=54歳)のネタバレと感想です。

笹野武は9年間、何も問題を起こさなかった模範的な確定死刑囚ですが、平成の仇討ち殺人事件の犯人・渡瀬満(わたせみつる)が死刑囚舎房へ入ってきたことに影響を受けて、再審請求を起こします。 あらすじとネタバレを読む

フリーター、家を買う。の感想の最終回

有川浩の原作小説「フリーター、家を買う。」の感想とネタバレの最終回です。このページは「フリーター、家を買う。の感想」からの続きです。 あらすじとネタバレを読む