エール-佐藤久志(山崎育三郎)が藤丸(井上希美)と結婚する実話

NHKの朝ドラ「エール」に登場する佐藤久志(山崎育三郎)が藤丸(井上希美)と結婚する可能性が浮上してきたので、モデルとなった実話を紹介します。

■佐藤久志が藤丸と結婚する実話

佐藤久志(山崎育三郎)のモデル伊藤久男は、2番目の妻が芸者・赤坂百太郎(大西ふさ子)なので、結婚までの経緯を紹介します。

佐藤久志(山崎育三郎)のモデル伊藤久男は、歌手になってから、「歌手のくせに、童貞とはけしからん」と言われ、遊郭に連れて行ってもらい、童貞を卒業しました。

それ以降、伊藤久男は女遊びをするようになり、新橋の芸者衆と遊んでいました。

帝国大学を卒業した役人の給料が30円だった時代に、レコードを1曲吹き込めば15円が貰えたので、月に3~4曲を吹き込めば、贅沢な暮らしが出来たのですが、伊藤久男は芸者遊びをしていたので、1銭も給料は残りませんでした。

そんな芸者好きの伊藤久男は、赤坂の芸者・赤坂百太郎(大西ふさ子)と結婚します。

切っ掛けは、伊藤久男と赤坂百太郎のゴシップ記事が新聞記事に掲載されたからでした。

伊藤久男は、日本コロムビアの社長に呼ばれ、「結婚か、辞めるか、どっちかにしろ」と言われたため、赤坂百太郎と結婚することを選びました。

しかし、後になって、ゴシップ記事は赤坂百太郎が書かせた事が分かり、伊藤久男はハメられた事を知るのでした。

伊藤久男は赤坂百太郎との間に4人の子供を儲けるのですが、赤坂百太郎は嫉妬深いのでした。

伊藤久男が夜遅くに帰宅すると、赤坂百太郎はポケットの中から何まで全部調べるので、伊藤久男はまいっていまいます。

そこで、伊藤久男は戦時中に、赤坂百太郎と子供を故郷の福島県に連れて行き、そのまま赤坂百太郎と子供を置き去りにして、自分だけ東京に戻ってきました。

赤坂百太郎は離婚を拒否したのですが、伊藤久男に3番目の妻が現われたりしたこもあり、最終的には時間が解決して離婚に至ったようです。

このように、佐藤久志(山崎育三郎)のモデル伊藤久男は、芸者・赤坂百太郎(大西ふさ子)と結婚して、離婚しているので、佐藤久志(山崎育三郎)は芸者の藤丸(井上希美)と結婚する可能性が大きいのです。

なお、伊藤久男の1番目の妻や3番目の妻については「エール-佐藤久志(山崎育三郎)のモデルは伊藤久男」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する