MIU404の感想-機捜うどん

綾野剛が主演するTBSの刑事ドラマ「MIU404」の第1話の感想です。

■MIU404の感想

ドラマ「MIU404」の第1話を観た。カーチェイスも迫力があったし、面白かった。カーチェイスは毎週入れて、毎週、車を1台、廃車にして欲しいと思った。

廃車になった車はエンブレムが「トヨタ」ではなく「トンボ」になっていたのだが、やはり、廃車にするとトヨタから叱られるのだろうか?

隊長の桔梗ゆづる(麻生久美子)は激怒するだろうが、桔梗ゆづるが怒るのも、1つの見所になると思うので、毎週1台を廃車にして欲しい。

麻生久美子については、ドラマ「泣くな、はらちゃん」「時効警察」以降、あまり見かけないので、今回は生存確認が出来て良かったと思う。

ただ、「MIU404」の紅一点が麻生久美子だけというのは寂しい感じがした。

■MIU404の機捜うどん

第1話で、班長・陣馬耕平(橋本じゅん)が機動捜査隊名物の「機捜うどん」を作っていたのだが、湯切りの時に、お湯を窓から捨てていた。

録画を見直してみると、部屋に流し台やコンロが無いらしく、お湯を沸かすのもカセットコンロだった。

流し台が無いからと言って、窓からお湯を捨てるのは違和感があったので、今後の展開の伏線になっているのではないかと思う。

そもそも、「MIU404」はファミリーマートとコラボして、日清のどん兵衛を買うと、クリアファイルが貰えるというキャンペーンをしているので、わざわざ「機捜うどん」を作らなくても、日清のどん兵衛を食べれば良いと思った。

私もよく、日清のどん兵衛の天ぷら蕎麦を食べる。あれは非常に美味しい。

もちろん、日清のどん兵衛なら湯切りの必要が無いので、窓から湯切りするのが伏線なら、カップラーメンでは駄目なのだが。

なお、ドラマ「MIU404」のあらすじとネタバレは「MIU404(ミュウ・ヨンマルヨン)-原作とあらすじと犯人ネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する