35歳の少女-原作とあらすじとネタバレ

柴咲コウが主演する日本テレビのドラマ「35歳の少女」の原作とあらすじとネタバレです。

■35歳の少女-原作と主題歌

35歳の少女-原作と主題歌
主題歌 未定
原作 遊川和彦のオリジナル脚本
放送局 日本テレビ
放送時間 土曜日の夜9時
放送開始日 2020年10月
出演者 柴咲コウ

スポンサードリンク

■35歳の少女-あらすじとネタバレ

「35歳の少女」は「35歳、25歳、10歳」が重要なキーワードなるドラマで、25年ぶりに帰ってきた主人公の柴咲コウは10歳だったというストーリーです。

詳しい内容は不明なのですが、「幼児退行」「赤ちゃん返り」という病気があるので、おそらく、その辺がテーマとなっているのだと思います。

「35歳の少女」には原作は無く、遊川和彦のオリジナル脚本となるのですが、日本テレビで遊川和彦と柴咲コウが2015年放送のドラマ「○○妻(まるまる妻)」以来の5寝ブリのタックとなります。

また、伝説のドラマ「家政婦のミタ」の制作チームが集結するので、日テレはかなり気合いを入れいるという気がする。

柴咲コウは、朝ドラ「エール」に双浦環というオペラ歌手の役で出演しており、紅白出場が噂さされているので、5年ぶりのドラマ主演にも注目が集まっている。

なお、「半沢直樹」の原作のあらすじとネタバレは「半沢直樹 2-原作のあらすじと黒幕ネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する