半沢直樹-ホワイトナイトの正体はフォックスの郷田行成(戸次重幸)

TBSの倍返しドラマ「半沢直樹2」の原作「ロスジェネの逆襲」のあらすじと犯人のネタバレです。

このページは「半沢直樹 2-原作のあらすじと黒幕ネタバレ」からの続きです。

■ワイトナイト現る

半沢直樹の部下・森山雅弘は、東京スパイラルの社長・瀬名洋介と小学校・中学校時代に親友だったので、電話をしてみると、社長・瀬名洋介は電話を喜び、一緒に食事をした。

森山雅弘は敵対する東京中央銀行の子会社「東京セントラル証券」の社員だが、社長・瀬名洋介は森山雅弘を信用し、電脳雑伎集団の敵対的買収への対抗策として、新株を発行し、ホワイトナイトフォックスが新株を引き受ける事を明かした。

それを聞いた森山雅弘は、フォックスの財務内容で1000億円規模の資金が調達できるのか疑問だと言い、フォックスの資金調達先について注意するように助言した。

翌日、森山雅弘は、フォックスの社長・郷田行成が電脳雑伎集団のオフィスへ入っていくのを目撃し、フォックスと電脳雑伎集団の関係を調べるが、両社に取引は無かった。

しかし、フォックスのメーンバンクが東京中央銀行だと判明する。

そこで、森山雅弘は、東京スパイラルの社長・瀬名洋介の了解を得た上で、フォックスが東京スパイラルのホワイトナイトになることを相談すると、東京中央銀行がフォックスに1000億円規模の融資を内定させている事が判明するのだった。

一方、東京スパイラルの社長・瀬名洋介は、フォックスの社長・郷田行成に、森山雅弘から助言されていた資金調達先について尋ねると、郷田行成は「白水銀行」から資金を調達したと答えた。

その後、社長・瀬名洋介は森山雅弘の紹介で半沢直樹に会い、フォックスの資金調達先が白水銀行だった事を伝えると、半沢直樹は驚いた。

そこで、半沢直樹は、東京中央銀行がフックスに1000億円規模の融資する事を教えると、太洋証券が提案した防衛策は商法違反や上場廃止のリスクがあることを指摘し、太洋証券が信用できるのかどうか調べる必要があると告げた。

スポンサードリンク

■リークの犯人

半沢直樹は、元部下の三木重行が東京中央銀行に電脳雑伎集団の情報をリークして、東京中央銀行に復帰したのでははいかと考え、三木重行を追求した。

すると、三木重行は、情報をリークしたのは自分ではなく、諸田課長だと明かした。

諸田課長は、三木重行らが作った買収計画では買収は成功しないと考え、電脳雑伎集団の情報をリークして、東京中央銀行へ復帰する道を選んだ。

三木重行は諸田課長が東京中央銀行へ送信したメールを読んでしまい、リークを追求したところ、諸田課長は口止めの条件として、東京中央銀行へ復帰したのだ。

すると、半沢直樹は、三木重行を脅して、東京スパイラル買収に関する一連の内部情報をリークスように命じたのだった。

半沢直樹-三木重行の寝返り、社長・岡光秀の決断」へ続く。

スポンサードリンク