半沢直樹-IT企業「スパイラル」の加納一成と清田正伸のモデル

堺雅人が主演するTBSの土下座ドラマ「半沢直樹」に登場するIT企業「スパイラル」の加納一成(井上芳雄)と清田正伸(加藤啓)のモデルの紹介です。

「半沢直樹」の原作のあらすじとネタバレは「半沢直樹 2-原作のあらすじと黒幕ネタバレ」をご覧ください。

■加納一成と清田正伸のあらすじ

加納一成は、瀬名洋介が高校を卒業して就職した小さなソフト開発会社で営業をしており、瀬名洋介や加納一成とともに「東京スパイラル」を創業し、戦略担当役員に就任した。

一方、清田正伸は、瀬名洋介が就職した小さなソフト開発会社で経理を担当しており、「東京スパイラル」の創業に参加し、経理担当役員となった。

「東京スパイラル」はポータルサイトと検索エンジンを強みに急成長を続け、上場を果たしたが、やがて成長に陰りが見え始めた。

そこで、加納一成と清田正伸は、投資や金融への進出を主張したが、加納一成は本業のITに投資するべきだとして、意見が対立した。

加納一成と清田正伸は、「東京スパイラル」の株をライバルのIT企業に売却して「東京スパイラル」を辞め、自分たちの会社を設立したのだった。

スポンサードリンク

■加納一成と清田正伸のモデル

東京スパイラルの社長・加納一成のモデルが、ライブドアの社長・堀江貴文なので、清田正伸のモデルはライブドアの財務担当・宮内亮治でしょう。

加納一成のモデルを推定するのは難しいが、加納一成はライブドアの熊谷史人かもしれない。

ただ、宮内亮治も熊谷史人もライブドアの幹部だったが、創業メンバーではないし、ライバル企業に株を売って会社を辞めたりしていないので、他にもモデルが居るのかも知れない。

なお、IT企業「東京スパイラル」のモデルについては「半沢直樹-スパイラルのモデルと実話のネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク