東京中央銀行の伊佐山泰二(市川猿之助)のモデルとネタバレ

堺雅人が主演するTBSの倍返しドラマ「半沢直樹」に登場する東京中央銀行の伊佐山泰二(市川猿之助)のモデルとネタバレです。

「半沢直樹」の原作のあらすじとネタバレは「半沢直樹2-原作のあらすじと黒幕ネタバレ」をご覧ください。

■伊佐山泰二(市川猿之助)のあらすじとネタバレ

伊佐山泰二(市川猿之助)は、東京中央銀行の証券営業部の部長で、身長190cmという巨漢だった。

東京中央銀行は「東京第一銀行」と「産業中央銀行」が合併して誕生しており、「東京第一銀行」派と「産業中央銀行」派による内部派閥があった。

半沢直樹は「東京第一銀行」派で、伊佐山泰二は「産業中央銀行」派だったことから、伊佐山泰二は半沢直樹を敵視していた。

このため、伊佐山泰二は、「東京セントラル証券」に出向した半沢直樹が電脳雑伎集団の大型買収案件を受注している事を知ると、電脳雑技集団の仕事を横取りした。

しかし、半沢直樹の怒りを買い、倍返しを食らってしまい、電脳雑技集団の仕事に失敗し、経営が悪化している電脳雑技集団の社長に飛ばされてしまうのだった。

スポンサードリンク

■伊佐山泰二(市川猿之助)のモデル

原作には無い設定かもしれませんが、ドラマ版では、伊佐山泰二(市川猿之助)は大和田暁(香川照之)の愛弟子と言われた人物で、半沢直樹によって大和田暁が失脚したため、半沢直樹に強い恨みを抱いているという設定です。

おそらく、伊佐山泰二(市川猿之助)にはモデルが居ると思うので、判明し次第、紹介しますが、部長クラスだと、モデルを特定するのは難しいと思います。

なお、東京セントラル証券のモデルについては「半沢直樹-東京セントラル証券のモデルとネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク