半沢直樹2(東京セントラル証券)-あらすじとネタバレ

堺雅人が主演するTBSの倍返しドラマ「半沢直樹2」(東京セントラル証券編)のあらすじとネタバレです。

原作のあらすじとネタバレは「半沢直樹2-原作のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■半沢直樹2-あらすじとネタバレ

大和田暁(香川照之)の愛弟子だった東京中央銀行証券営業部の部長・伊佐山泰二(市川猿之助)は、土下座している大和田暁を見て、半沢直樹(堺雅人)への報復を決意していた。

さて、東京中央銀行から子会社「東京セントラル証券」に出向した半沢直樹(堺雅人)は、IT企業「電脳雑技集団」の社長・平山一正(土田英生)から、検索サイト大手「スパイラル」の買収アドバイザーを依頼された。

業界5位のスパイラルを買収すれば、電脳雑技集団はアジアでトップ3位に入る事が出来るのだという。

スパイラルを買収するには1500億円が必要なので、半沢直樹(堺雅人)は「慎重に精査します」と答えたが、同僚の諸田祥一(池田成志)が勝手にアドバイザーを引き受けた。

業界中堅の東京セントラル証券は、1500億円という大型案件に浮き足立ったが、半沢直樹(堺雅人)は「電脳にどう提案するかではない。そもそも、この案件を引き受けるのか検討したい。スパイラルに買収を申し入れても断られる。そうすれば、敵対的買収になる可能性が高い」と冷静に指摘した。

すると、電脳雑技集団を担当する部下の森山雅弘(賀来賢人)は「スパイラルは一筋縄ではいかず、社風の違う電脳との合併は難しい」と指摘した。

スパイラルの社長・瀬名洋介(尾上松也)は、本業の検索サイトへの投資をモットーとしており、苦労をともにしてきた創業メンバー加納一成(井上芳雄)と清田正伸(加藤啓)と経営方針が対立して辞めたのだという。

しかし、半沢直樹(堺雅人)は「踏み出さなければ、セントラル証券の成長はありえない」と言い、前向きに買収を検討する事を決断した。

そこで、出向組の諸田祥一(池田成志)は、失敗すると1円にもならないが、成功すると多額の報酬を得られる「成功報酬型」を提案すると、半沢直樹(堺雅人)は「考えておく」と答えた。

さて、東京セントラル証券の社長・岡光秀(益岡徹)と半沢直樹(堺雅人)は、親会社「東京中央銀行」の証券営業部に呼ばれて訪れると、証券部長の伊佐山泰二(市川猿之助)は「セントラル証券は営業成績が3期連続で未達でしたねぇ」と言い、ゴミのような仕事を回した。

半沢直樹は「こういった案件をこなしても、当社の利益には・・・」と反論しようとしたが、社長・岡光秀が半沢直樹を制して、伊佐山泰二に礼を言った。

さて、社長・岡光秀は東京セントラル証券に戻ると、親会社を見返すため、半沢直樹に電脳雑技集団の買収アドバイザーの仕事を受けるように命じたが、半沢直樹は「大きい案件だからそこ、慎重にいかないと。検討が必要かと」と言い、猶予を求めた。

その後、半沢直樹(堺雅人)は妻・半沢花(上戸彩)に電話して、レストランの予定を断ると、半沢花は「今日は結婚記念日よ。あのレストラン、予約するの大変だったんだから」と愚痴をこぼした。

しかし、半沢花(上戸彩)は直ぐに諦め、「大きな仕事なんでしょ?声を聞けば分る。なんか銀行に居た頃みたい。どうぞ、お仕事を頑張って。でも、若い時みたいに無理はしないで。もうおじさんなんだから」と言い、電話を切った。

スポンサードリンク

■銀行を見返せ

さて、半沢直樹は、社長・岡光秀に電脳雑技集団との契約の最終確認を頼むと、社長・岡光秀は「それなら、これで」と言い、成功報酬の契約書を渡した。

半沢直樹が「これは?」と驚くと、諸田祥一(池田成志)が「それなら私が」と教えた。

半沢直樹は「しかし」と言い、考え直すように促すが、社長・岡光秀は「銀行を見返せ。社長命令だ」と言い、成功報酬型で電脳雑技集団との契約を命じた。

このため、半沢直樹は不安を抱えながらも、電脳雑技集団と成功報酬型のアドバイザー契約を結んだ。

さらに、諸田祥一の横暴により、電脳雑技集団の担当・森山雅弘がプロジェクトチームから外されてしまった。

半沢直樹はフォローするために、森山雅弘を飲みに誘うが、森山雅弘から「え?何でですか?」と言われ、断られてしまった。

半沢直樹は若者とのジェネレーションギャップを感じ、東京中央銀行時代の同僚・渡真利忍(及川光博)らと飲みに行くと、渡真利忍が常務・大和田暁(香川照之)の近況を教えた。

大和田暁(香川照之)は「頭取には多大な恩赦を受けました。そのご恩は一生忘れません。施されたら、施し返す。それが恩返しです」と言い、頭取・中野渡謙(北大路欣也)に取り入っていた。

渡真利忍は「大和田は再び上を目指すために、まずは愛弟子の伊佐山(市川猿之助)を出世させる魂胆じゃないかな。その後、一番の邪魔者・三笠副頭取(古田新太)を追い落とす作戦だよ」と話した。

しかし、伊佐山(市川猿之助)の直属の上司は三笠洋一郎(古田新太)なので、伊佐山は大和田と三笠の間に挟まれて大変なのではないかという。

■契約破棄

2週間後、ようやく買収案が完成し、半沢直樹(堺雅人)らは電脳雑技集団を訪れるが、社長・平山一正(土田英生)は「もう結構です」と言い、契約破棄を通告した。

半沢直樹が「どういうことでしょうか?」と驚くと、副社長・平山美幸(南野陽子)は「こちらが依頼したのは2週間も前ですよ。その間、何も連絡が無かったわ」と不満を漏らした。

半沢直樹が「買収はどうするおつもりですか?」と尋ねるが、副社長・平山美幸は「説明の必要はありません」と言い、取り付く島も無かった。

一方、東京中央銀行の伊佐山泰二(市川猿之助)は、半沢直樹(堺雅人)を地方に飛ばすため、人事部に画策していた。

噂を聞いた渡真利忍(及川光博)は、半沢直樹(堺雅人)の事を心配するが、半沢直樹は気にもしていなかった。

スポンサードリンク

■伊佐山泰二の根回し

さて、大きな仕事を受注した伊佐山泰二(市川猿之助)は、恩師の常務・大和田暁(香川照之)ではなく、副頭取の三笠洋一郎(古田新太)に助力を願い出た。

伊佐山泰二(市川猿之助)は「役員会議で稟議を通す必要があります。何とぞ、お力沿いを」と頼むと、三笠洋一郎(古田新太)は「大和田君には見せたのか?」と尋ねた。

伊佐山泰二が「いいえ」と答えると、三笠洋一郎は「上司を裏切ると、返り討ちに遭いますよ。そうならないためには、徹底的に裏切らなければならない。人を刺すときは準備は念入りに。人を刺すときは一瞬」と告げた。

■森山雅弘の過去

翌日、半沢直樹(堺雅人)は渡真利忍(及川光博)から「身を守るために、奪われた仕事を取り返せ」と言われた事を想いだし、買収相手「スパイラル」の資料を見ていると、資料がよく出来ていた。

森山雅弘(賀来賢人)がチームを外れる前に、1人で作った資料だった。

その資料を見ていた半沢直樹(堺雅人)は、森山雅弘(賀来賢人)とスパイラルの社長・瀬名洋介(尾上松也)が高校時代の同級生だと気付いた。

そこで、半沢直樹は、森山雅弘を飲みに誘い、話を聞くと、瀬名洋介は高校時代の同級生だった事を話した。

森山雅弘は高校時代に、瀬名洋介から父親の作ったという万年筆を貰ったのだが、その翌日、瀬名洋介は父親の工場が潰れて夜逃げしたので、それ以来、会っていないのだという。

その後は、雑誌を読んで瀬名洋介がIT社長として活躍している事を知るが、今更と思い、連絡はしていなかった。

森山雅弘が証券会社に入ったのは、瀬名洋介の父親の工場のように技術力のある会社を支援する事が目的だった。

それを聞いた半沢直樹は、森山雅弘が独自に作った買収案を見て、「酷いもんだ、だけど面白い」と言い、森山雅弘と買収案を練り直し、電脳雑技集団の買収アドバイザー契約を取り戻すことにした。

「「半沢直樹が伊佐山泰二(市川猿之助)に倍返し」へ続く。」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する