半沢直樹-舞橋ステートと舞橋空港と舞橋交通のモデル

堺雅人が主演するTBSの倍返しドラマ「半沢直樹」に登場する空港などの実在のモデルとネタバレです。

■舞橋ステートのあらすじとモデル

「半沢直樹」の原作「銀翼のイカロス」に登場する舞橋ステートは、昭和3年に創業した舞橋市の住宅を扱う不動産業者で、進政党の政治家・箕部啓治の甥が経営している。年商750億円を誇り、舞橋市では有数の規模を誇る会社である。

バブル崩壊後は経営が傾いていたが、箕部啓治から20億円を得て、舞橋空港の建設予定しを二束三文の土地を購入し、土地を転がして一気に赤字を脱して、優良企業となった。

さて、舞橋ステートと舞橋空港のモデルは実在します。

「半沢直樹」の原作「銀翼のイカロス」のエピソードは、実在する国会議員の2つの事件(疑惑)をミックスしており、舞橋ステートも舞橋空港もモデルは特定できています。

しかし、古い事件なので、事件に関する資料が無いため、残念ながら詳細なエピソードは紹介できません。

なお、ネットニュースで、箕部啓治のモデルは民主党の小沢一郎だと紹介されているのですが、舞橋空港に関するのエピソードと民主党の小沢一郎は関係ありません。

スポンサードリンク

■舞橋交通のあらすじとモデル

「半沢直樹」の原作「銀翼のイカロス」に登場する舞橋交通は、舞橋市にあるバス会社とタクシー会社を持つ会社です。

社長は地元の有力者で、国会議員・箕部啓治の後援会会長を務めていたのですが、経営破綻しました。

帝国航空再生タスクフォースの及原正太は、舞橋交通の破綻を処理しており、箕部啓治と東京中央銀行の関係を知っていました。

さて、乃原正太(筒井道隆)のモデルとされる冨山和彦は、産業再生機構時代に、2005年に経営破綻した熊本県の九州産業交通の再建を手がけています。

このため、舞橋交通のモデルは、熊本県の九州産業交通だと考えられます。

なお、原作「銀翼のイカロス」のあらすじとネタバレは「半沢直樹(銀翼のイカロス)のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク