竜の道-ドラマ版のあらすじとネタバレ

玉木宏と高橋一生が主演するフジテレビの復讐ドラマ「竜の道」のあらすじとネタバレです。

原作のあらすじとネタバレは「竜の道-原作のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■竜の道-あらすじとネタバレ

矢端竜一(玉木宏)が矢端竜二(高橋一生)をボコボコにして、拳銃を突きつけている。いったい、何があったのか・・・。

矢端竜一(玉木宏)と矢端竜二(高橋一生)は双子で、両親に捨てられ、運送業「吉江急便」を営む吉江夫婦に引き取られて育った。

しかし、2人が中学生の時に、「吉江急便」が霧島源平(遠藤憲一)のキリシマ急便に乗っ取られ、吉江夫婦がガス自殺した。

吉江夫婦の娘・吉江美佐(松本穂香)は、両親の自殺に巻き込まれたが、命は助かった。

怒った矢端竜一らは警察に訴えたが、警察は「警察では、どうにもできない」と言い、何もしてくれなかった。

このため、矢端竜一(玉木宏)と矢端竜二(高橋一生)はキリシマ急便への復讐を誓うのだった。

その後、矢端竜一(玉木宏)は身代わりとなる死体を見つけて、火事で死んだことにして、社会の裏街道に身を落とした。

矢端竜一(玉木宏)は、本当は生きている事を誰にも教えず、矢端竜二(高橋一生)にも妹の吉江美佐(松本穂香)にも死んだ事にしていた。

そして、矢端竜一(玉木宏)は、斉藤一成を殺害して、斉藤一成の戸籍を手に入れ、斉藤一成になりすまし、社会の裏街道を歩んで、小さな週刊誌の記者となり、キリシマ急便へ復讐するためのチャンスを待った。

一方、矢端竜二(高橋一生)は東京大学を卒業して、運送業を監督する国土交通省へと入り、上司に金と女を与えて順調に出世し、キリシマ急便への復讐の機会を待った。

ある日の夜、週刊誌の社長・大野木はヤクザの親分・曽根村始(西郷輝彦)にお金を届けに行くが、何者かの襲撃を受けてお金を奪われそうになる。

運転手をしていた矢端竜一(玉木宏)は、襲撃してきた犯人を返り討ちにして、何とかお金を守った。

ヤクザの親分・曽根村始(西郷輝彦)は、矢端竜一(玉木宏)を認め、ヤクザに勧誘したが、矢端竜一は「組みに入れば、それで終わり。私はヤクザを使う側の人間になりたい」と断るのだった。

ある日、矢端竜二(高橋一生)の前に矢端竜一(玉木宏)が姿を表した。

矢端竜一(玉木宏)は整形手術で顔も声も変えており、完全に別人になっていたので、矢端竜二(高橋一生)は矢端竜一だと信じる事ができなかったが、矢端竜一から霧島源平(遠藤憲一)への復讐計画を聞き、ようやく矢端竜一だと信じた。

こうして、別々の道を歩んでいた2人は、霧島源平(遠藤憲一)に復讐するため、手を組むのだった。

そのようななか、矢端竜一(玉木宏)は、キリシマ急便の運転手が過労死で死んだという情報を入手する。

そこで、矢端竜二(高橋一生)は、運転手の家族に会い、過労死の情報を得たので、上司にキリシマ急便への立ち入り調査を要求した。

上司は「間違っていれば面倒なことになる」と言い、立ち入り調査には及び腰だったが、矢端竜二(高橋一生)は常日頃から上司に女と金を与えていたので、再び上司に金を握らせ、キリシマ急便への立ち入り調査を決めさせた。

こうして、矢端竜二(高橋一生)がキリシマ急便へ立ち入り調査に入ると、霧島源平(遠藤憲一)は激怒したが、過重労働を指摘していた長男・霧島晃(細田善彦)が過重労働について証言してくれた。

これで、キリシマ急便は事業許可の取消処分になるはずだったが、処分は30日間の営業停止という極めて軽い処分に終わった。

どうやら、霧島源平(遠藤憲一)が裏で大臣に手を回したようだ。

しかし、矢端竜一(玉木宏)は霧島源平(遠藤憲一)の動きを予想しており、霧島源平が大臣に賄賂を渡している現場を写真に撮影し、これをネタに脅して、キリシマ急便を事業許可取り消しに追い込もうとした。

ところが、ヤクザの親分・曽根村始(西郷輝彦)が別件で、矢端竜一(玉木宏)に目を付けており、矢端竜一は拉致され、曽根村始に証拠を奪われてしまう。

曽根村は証拠を大臣に渡して恩を売るのだという。

しかも、曽根村始は、矢端竜一の戸籍まで調べており、他人になりすましているところまで突き止めていた。

矢端竜一は、このままでは矢端竜二(高橋一生)まで危ないと考え、両親の運送会社がキリシマ急便に乗っ取られた事を打ち明け、キリシマ急便を潰すために、力を貸して欲しいと頼んだ。

曽根村始が「いくら持っている」と問うと、矢端竜一は5000万円を用意できると答えた。

しかし、曽根村始は「1桁違う」と言い、圧倒的な力と圧倒的な金が無ければ、恨みなど忘れる事だと忠告し、矢端竜一を解放した。

その日の夜、矢端竜一(玉木宏)は、週刊誌の社長・大野木に呼ばれて、自宅を訪れると、社長・大野木が心臓発作を起こして苦しみだした。

社長・大野木は、週刊誌で得た情報を使って、裏で荒稼ぎをしており、会社の金庫に10億の金を貯め込んでいた。

そこで、矢端竜一(玉木宏)は、曽根村始(西郷輝彦)から圧倒的な力と圧倒的な金が必要だと言われた事を思いだし、心臓発作で苦しんでいる社長・大野木に薬を渡さず、そのまま見殺しにした。

そして、矢端竜一(玉木宏)は、社長・大野木から金庫の鍵を奪うと、会社の金庫から10億円を持ち去った。

その後、矢端竜一(玉木宏)は、10億円を曽根村始(西郷輝彦)に届けると、曽根村始の手引きでブラジルへと渡るのだった。

竜の道-霧島源平(遠藤憲一)とキリシマ急便への復讐」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する