MIU404-黒幕は菅田将暉?-視聴打ち切りの危機

綾野剛と星野源が主演するTBSの刑事ドラマ「MIU(ミュー)404」の第6話の感想文です。

■シナジー効果が無い

綾野剛の「コウノドリ」も面白かったし、星野源の「逃げるは恥だが役に立つ」も面白かったので、「MIU404」を楽しみにしていたのだが、イマイチだった。

綾野剛と星野源がキャラが被っているので、分かりにくい。お互いにキャラを打ち消し合っており、シナジー効果が感じられなかった。綾野剛と星野源を別々にして、別のドラマを観たかった。

「今日から俺は」という映画を観たのだが、主人公が金髪とウニ頭なので、一瞬で見分けが付くし、分りやすくて面白かった。

やはり、わかりやすさは非常に大事だと思う。「MIU404」の場合は、綾野剛と星野源の、一瞬で判別出来ないし、どちらかが足が早いという設定だったのだが、どちらが足が速いのかもう分らなくなった。

スポンサードリンク

■初動捜査と24時間

機動捜査隊は事件の初動捜査にあたって、事件の捜査は他の部署に引き継ぎ、勤務時間も24時間という設定だったように思う。

普通に捜査するのなら、機動捜査隊という設定は要らなかったんじゃないだろうかと思う。

24時間というタイムリミット感も無いし、24時間以内に犯人を逮捕しないと、人質が死ぬというわけでもないので、24時間という設定も必要なかったと思う。

■菅田将暉は出ないの?

第2話の最後に菅田将暉が登場したので、菅田将暉の出演を楽しみにしてたのだが、第3話で菅田将暉が出なかったので、見逃したのかと思って録画を見返してみたが、やはり出ていなかった。

菅田将暉はもう出ないのかと思って諦めていたのだが、第6話で「タリウム」という薬物が登場した。

菅田将暉は第2話で「ドーナツEP」という薬物を販売していたので、流石に「タリウム」の販売ルートで菅田将暉が登場するだろうと思っていたが、またもや菅田将暉が登場しなかった。

これ以上は観ていても期待できそうに無いので、「MIU404」は視聴を打ち切るかも知れない。

スポンサードリンク

■麻生久美子の無駄使い

麻生久美子はドラマ「泣くな、はらちゃん」が良かったので、楽しみにしてたのだが、「MIU404」は麻生久美子の無駄遣いをしていると思った。

それに、役名で損をしていると思う。麻生久美子は「桔梗ゆづる」という役名なのだが、「桔梗(ききょう)」は明智光秀を連想するので、キャラクターに最初から色が付いている感じで観てしまう。

「泣くな、はらちゃん」の麻生久美子は良かったし、主演の長瀬智也も良かったし、脚本も良かったので、毎週楽しみにしていたのを覚えているので、今回は残念という感じだ。

ところで、TOKIOの長瀬智也とえいば、長瀬智也はジャーズを止めて裏方に回るらしく、最後のドラマ出演がTBSになるそうだ。

私はジャニーズで一番好きなのは長瀬智也なので、長瀬智也が引退するのは非常に残念だが、最後のドラマがTBSで良かったと思う。

昔、長瀬智也の主演で「うぬぼれ刑事」というドラマがあった。クドカンの脚本で非常に面白かった。

私はドラマのサントラは買わないのっだが、「うぬぼれ刑事」はサントラを買って車の中でよく聞いていた。

だから、長瀬智也の最後のドラマはクドカンの脚本で、「うぬぼれ刑事」の続編を作って欲しい。

「逃げ恥」のような恋愛ドラマでも良いと思うのだが、クドカンの脚本では連載ドラマは成立しないかも知れない。クドカンだけに、女性は口説かん・・・。

スポンサードリンク

コメントを投稿する