おちょやん-カフェー「キネマ」のモデルは「オリエンタル」

NHKの朝ドラ「おちょやん」に登場する京都のカフェー「キネマ」の実在のモデルは、カフェー「オリエンタル」です。

アドリブ王・須賀廼家千之助(ほっしゃん)のモデルは「おちょやん-須賀廼家千之助(ほっしゃん)のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■カフェー「キネマ」のネタバレ

竹井千代(杉咲花)は道頓堀の芝居茶屋「岡安」で奉公を始めるのですが、その後、道頓堀を出て京都に向かいます。

そして、竹井千代(杉咲花)は京都のカフェー「キネマ」で働くことになります。

カフェーの店主の宮元潔(西村和彦)は、映画好きで、「本番、よーい、はい」が口癖です。

スポンサードリンク

■カフェー「キネマ」の実在のモデル

カフェー「キネマ」の実在のモデルは、京都の師団前にあったカフェー「オリエンタル」です。

ただし、資料によっては、カフェーの名前は「辻へい」となっています。

さて、竹井千代(杉咲花)のモデル浪花千栄子は、道頓堀の仕出し料理屋「浪花料理」で女中奉公をしていたのですが、父親に見つかって「浪花料理」を辞めさせられ、富田林の造り酒屋を経て、木材屋に奉公してしました。

木材屋の人は親切にしてくれたのですが、浪花千栄子は給料を貰えないので、主人の方で貯金してくれており、結婚する時に花嫁道具を持たせてくれるのかと思っていました。

しかし、木材屋で働き始めてから、2年1ヶ月が経過したある日、女将さんが「お父さんが給料を受け取りに来ない」と言い、浪花千栄子は始めて給料を受け取り、その事情を知りました。

実は、父親が2年契約の給料前払いで、木材屋から浪花千栄子の給料を受け取っていたのです。

父親に給料を搾取されていた事を知った浪花千栄子は、このままでは父親に食い物にされると思い、始めて手にした給料を持って奉公先の木材屋から逃げだし、憧れの京都へと向かいました。

そして、浪花千栄子は京都見物を終えると、口入れ屋(私設の職業紹介所)を回って屋敷奉公の仕事を探すのですが、親の紹介状が無いので、簡単には屋敷奉公の仕事は見つからないということでした。

そこで、口入れ屋は、ひとまずカフェーで働きなさいと言い、京都・師団前のカフェー「オリエンタル」を紹介してくれたので、浪花千栄子は兵隊さんを相手にするカフェー「オリエンタル」で働くことになります。

このカフェー「オリエンタル」、朝ドラ「おちょやん」に登場するカフェー「キネマ」のモデルです。

■カフェー「キネマ」の史実のネタバレ

当時のカフェーは現在のキャバクラ的な場所で、カフェーの女給はホステスに相当します。

そして、カフェー「オリエンタル」では、男性客がお店にお金を払って女給とチョメチョメするサービスがあり、警察が頻繁に出入りしていました。

カフェー「オリエンタル」で働くことになった浪花千栄子は、飯炊きの仕事かと思っていたのですが、厨房の仕事は足りているので、女給の仕事をするように言われます。

しかし、浪花千栄子は、白粉を付けて人前に出ることなど、とんでもないと思い、女給を拒否して、厨房で洗い物などをしていました。

そのようななか、女給をしているユリちゃんが、女給はホールに出て客から貰うチップで生活していくのだと言い、世話をしてくれ、浪花千栄子も女給としてホールに出るようになりました。

女給ユリちゃんが女優志望で、女優になると言い、浪花千栄子は一緒に女優になろうと誘われていたのですが、浪花千栄子は女優などとんでもないので、断っていました。

そのようななか、浪花千栄子にも客が付き、男性客とチョメチョメすることになります。

しかし、チョメチョメする当日、女給ユリちゃんが女優になると言って、浪花千栄子の荷物を持ってカフェー「オリエンタル」を辞めてしまいました。

すると、浪花千栄子は他に頼れる人が居ないので、女給ユリちゃんを追いかけて、カフェー「オリエンタル」を辞めました。

その後、ユリちゃんと浪花千栄子は、無名のプロダクションに入るのですが、このプロダクションは詐欺のような会社で、1本の映画も撮影することなく倒産しました。

このとき、監督が再就職先を世話してくれ、ユリちゃんと浪花千栄子は、監督の紹介で村田栄子一座に入るのでした。

なお、朝ドラ「おちょやん」のモデルや史実のネタバレは「おちょやん-あらすじとモデルのネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する