おちょやん-カフェーの女給・宇野真理(うのまり/吉川愛)のモデル

NHKの朝ドラ「おちょやん」に登場するカフェーの女給・宇野真理(うのまり/吉川愛)の実在のモデルとネタバレです。

朝ドラ「おちょやん」の実話の最終回は「おちょやん-最終回と結末の実話のネタバレ」をご覧ください。

■宇野真理(吉川愛)のネタバレ

宇野真理(吉川愛)は、富山県の出身で、女優を目指しながら、京都のカフェー「キネマ」で女給として働いていました。

宇野真理(吉川愛)は、カフェー「キネマ」の2階で住み込みで働いており、カフェー「キネマ」で働くことになった竹井千代(杉咲花)と相部屋になります。

スポンサードリンク

■宇野真理(吉川愛)のモデルのネタバレ

宇野真理(吉川愛)の実在のモデルは、カフェー「オリエンタル」で働いていた女給ユリちゃんです。

竹井千代(杉咲花)のモデル浪花千栄子は、父・南口卯太郎に給料を搾取されていた事を知り、奉公していた大坂・富田林の木材屋を逃げ出して、憧れの京都を訪れました。

浪花千栄子は、京都で屋敷奉公の仕事を探したのですが、親の紹介状もないので、直ぐには見つからず、口入れ屋(私設の職業紹介所)で紹介された京都のカフェー「オリエンタル」で働くことにしました。

浪花千栄子は、女中仕事だと思っていたのですが、カフェー「オリエンタル」を訪れると、厨房の方は人手が足りているので、女給として働くよに言われます。

しかし、浪花千栄子は、白粉を塗って人前に出ることなどとんでもない事だと思い、無理矢理、厨房で洗い物などをしていました。

すると、宇野真理(吉川愛)のモデルとなった女給ユリちゃんが、お客さんのチップで生活していなければならないので、ホールに出なさいと言い、浪花千栄子の世話をしました。

このとき、女給ユリちゃんが、浪花千栄子は女優の栗島すみ子に似ているということで、浪花千栄子に「スミちゃん」という源氏名を付けました。

こうして、浪花千栄子は「スミちゃん」という名前で女給としてホールに出ました。最初は手が震えて、運んでいったコーヒーをテーブルに置いたとき、コーヒーが半分になっていたそうです。

さて、女給ユリちゃんは女優志望で、浪花千栄子に一緒に女優になろうと誘っていたのですが、浪花千栄子は屋敷奉公がしたいと言い、拒否しました。

しかし、女給ユリちゃんは、女優になると言い、浪花千栄子の荷物を持ってカフェー「オリエンタル」を辞めました。

浪花千栄子は、女優になどなりたくなかったのですが、他に頼れる人が居なかったので、ユリちゃんを追いかけてカフェー「オリエンタル」を辞め、2人で一緒に無名のプロダクションに入りました。

■その後のネタバレ

当時の映画は無声映画なので、台詞を喋る必要が無く、訛っていても、問題ありませんでした。

映画女優は見た目が大事なので、カフェーの女給やダンサーが映画女優になるというケースも多くありました。

このため、浪花千栄子は、女優の勉強などしたことが無いのですが、入ったプロダクションでいきなり、一番上の女優になります。

(注釈:名札の位置で女優はランク分けされており、名札の位置が上の方がランクの高い女優ということなります。)

しかし、女優志望のユリちゃんは、一番下の女優になりました。

さて、2人が入ったプロダクションは、詐欺師のような会社で、フィルムの入っていないカメラを回して、撮影する振りをして、出資者を集めていました。

しかし、出資者が集まらなかったのか、このプロダクションは1本の映画も撮影することなく、倒産しました。

そして、倒産するときに、監督が再就職を世話しており、女優として高く評価された浪花千栄子は、監督の斡旋で、京都の三友劇場を根城に活動していた「村田栄子一座」に入りました。

「村田栄子一座」に紹介されたのは浪花千栄子だけだったのですが、女優志望のユリちゃんはダダをこねて浪花千栄子から離れず、一緒に「村田栄子一座」に入りました。

スポンサードリンク

■宇野真理(吉川愛)のモデルの結末

やがて、浪花千栄子は、「村田栄子一座」で看板女優になるのですが、座長の村田栄子は癇癪持ちで、浪花千栄子はいつも生傷が絶えず、終いに階段から突き落とされました。

三友劇場の劇場主は、流石に可愛そうだと思い、浪花千栄子に映画の東亜キネマを紹介し、浪花千栄子は東亜キネマへと移りました。

ユリちゃんについては、このときに「村田栄子一座」に残って浪花千栄子とは別れたようで、その後については不明です。

なお、朝ドラ「おちょやん」のモデルや史実のネタバレは「おちょやん-あらすじとモデルのネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する