私たちはどうかしている-高月宗寿郎(佐野史郎)のネタバレ

日本テレビのドラマ「私たちはどうかしている(わたどう)」に登場するボケ老人・高月宗寿郎(佐野史郎)の原作ネタバレです。

■高月宗寿郎(佐野史郎)のネタバレ

高月宗寿郎(佐野史郎)は、老舗の和菓子屋「光月庵」の大旦那で、15年前に息子の高月樹(鈴木伸之)が殺害され、後継者を失ってしまう。

高月樹(鈴木伸之)には、高月椿(横浜流星)という息子が居たが、高月椿は女将・高月今日子(観月ありさ)が不倫相手との間に作った子だったので、高月家の血は流れていない。

大旦那・高月宗寿郎は、女将・高月今日子が不倫をしており、高月椿には高月家の血が流れていない事を知っていた。

「光月庵」は、血縁関係を重視しており、代々、血縁者が店を継ぐという鉄の掟があるため、高月宗寿郎は高月椿に「光月庵」を継がせないという方針だった。

その一方で、高月宗寿郎(佐野史郎)は、高月樹(鈴木伸之)が菓子職人の大倉百合子(中村ゆり)と不倫をしている事を知っており、大倉百合子の娘「サクラ」が高月家の血を引き継ぐ正当な後継者だと考えていた。

このため、高月宗寿郎は、大倉百合子の娘「サクラ」を探していたのだが、花岡七桜(浜辺美波)の正体が「サクラ」とは気付かなかった。

スポンサードリンク

■高月宗寿郎の原作の結末ネタバレ

花岡七桜(浜辺美波)は、大倉百合子(中村ゆり)の残したDNA鑑定書(親子鑑定)を発見して、父親が高月樹(鈴木伸之)で、自分は高月家の長女なのだと知る。

そこで、花岡七桜(浜辺美波)はDNA鑑定書を持って高月宗寿郎(佐野史郎)の部屋を訪れるが、高月今日子(観月ありさ)にDNA鑑定書を燃やされてしまう。

しかし、高月宗寿郎(佐野史郎)は花岡七桜(浜辺美波)の和菓子を食べて、高月の人間だと確信した。

ところが、高月宗寿郎(佐野史郎)は、最後は和菓子勝負で後継者を選ぶと言い、花岡七桜と高月椿(横浜流星)を勝負させ、女将・高月今日子にも和菓子を選ばせた。

こうして、花岡七桜が和菓子勝負に勝利し、「光月庵」の正統な後継者となった。

その直後、大旦那の高月宗寿郎がポックリと逝き、花岡七桜が「光月庵」を継いだのだった。

なお、ドラマ版の高月宗寿郎(佐野史郎)がボケ老人の演技をしていたが、火事の時に入院するまではボケていなかったと思う。

原作のあらすじとネタバレは「私たちはどうかしている-原作のあらすじと犯人ネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する