おちょやん-薮内清子(やぶうち・きよこ/映美くらら)のモデル

NHKの朝ドラ「おちょやん」に登場する薮内清子(やぶうち・きよこ/映美くらら)のモデルとネタバレです。

朝ドラ「おちょやん」のモデルや実話のネタバレは「おちょやん-あらすじとモデルのネタバレ」をご覧ください。

■おちょやん-薮内清子のネタバレ

朝ドラ「おちょやん」に登場する薮内清子(映美くらら)は、山村千鳥(若村麻由美)の一座の座員である。

竹井千代(杉咲花)が山村千鳥一座に入って、薮内清子と同僚になる。

薮内清子(映美くらら)は、わがままな山村千鳥に振り回されてばかりだが、山村千鳥の事を尊敬しており、山村千鳥にどこまでもついて行こうと誓うのだった。

スポンサードリンク

■薮内清子(映美くらら)のモデルのネタバレ

一座を率いる山村千鳥(若村麻由美)のモデルは、芝居女優の村田栄子です。

村田栄子一座には、なんど言っても手順を覚えない弟子がおり、この弟子は舞台で村田栄子の助手をしていたのですが、いつも手順を間違えてばかりでした。

おそらく、薮内清子(映美くらら)のモデルは、何度言っても手順を覚えない弟子だと考えられます(弟子の名前は不明です)。

さて、竹井千代(杉咲花)のモデル浪花千栄子は、無名のプロダクションが倒産したので、監督の紹介で、村田栄子一座に女中として入りました。

浪花千栄子は一座の女中として働いていたのですが、浪花千栄子は何事も2~3度言えば覚えるし、要領が良いので、村田栄子は浪花千栄子の事を気に入り弟子にして、助手をやらせました。

その後、師匠・村田栄子が病気で舞台へ出られなくなったとき、台詞を覚えていた浪花千栄子が代役として舞台に上げられてしまいます。

すると、浪花千栄子は初めての主役に緊張してしまい、覚えているはずの台詞が出てこなくなってしまいました。

そこで、浪花千栄子は、台詞が出てこないことを誤魔化すため、舞台の木によじ登ったり、ぶら下がっていたロープに飛びついたりしました。

すると、これが受けに受け、浪花千栄子は村田栄子一座の看板女優になりました。

なお、浪花千栄子の家系図は「朝ドラ『おちょやん』のモデル浪花千栄子と渋谷天外の子供と家系図」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する