半沢直樹-副頭取・牧野治(まきのおさむ/山本亨)のモデルとネタバレ

堺雅人が主演するTBSの恩返しドラマ「半沢直樹(銀翼のイカロス)」に登場する牧野治(まきのおさむ/山本亨)のモデルとネタバレです。

原作のあらすじとネタバレは「半沢直樹(銀翼のイカロス)-原作のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■牧野治(山本亨)のネタバレ

東京中央銀行は、東京第一銀行(旧T)と産業中央銀行(旧S)が合併して誕生した。

原作の牧野治(山本亨)は、東京第一銀行の頭取で、産業中央銀行と合併し、「東京中央銀行」の副頭取に就任した。

東京第一銀行は、産業中央銀行と合併するとき、不良債権が問題となっており、最後の決算で赤字を計上し、不良債権を一掃してから、産業中央銀行と合併して、東京中央銀行となった。

ところが、合併して間もなく、東京第一銀行が無担保で融資していた数100億円が詐欺事件に使用されていた事が判明した。

このため、融資した数100億円が不良債権となったうえ、この融資が不正な手続きで行われていたことから責任問題に発展した。

その結果、当時、東京第一銀行の頭取だった牧野治が特別背任で逮捕されたのである。

そこで、東京中央銀行の頭取・中野渡謙(北大路欣也)が、東京第一銀行時代の問題融資を調査しようとした矢先、釈放された牧野治が自殺し、全ては闇に葬り出されたのである。

そこで、頭取・中野渡謙は、富岡義則(浅野和之)に特命で東京第一銀行時代の問題融資を調査させていた。

そして、東京第一銀行が問題融資を行っていた時の審査部長が紀本平八(段田安則)で、紀本平八は自殺した牧野治の名誉を重んじていた。

なお、原作の冒頭で牧野治の遺書が紹介さ入れており、原作には生きた牧野治は登場しない。台詞の中に登場するだけである。

スポンサードリンク

■半沢直樹-牧野治(山本亨)のモデル

牧野治(山本亨)のモデルは、第一勧業銀行の会長・宮崎邦次です。

2002年に、「第一勧業銀行」「富士銀行」「日本興業銀行」が合併して「みずほ銀行は」が誕生している。

牧野治(山本亨)のエピソードは合併後のエピソードどして描かれているが、モデルとなったエピソードは合併前の「第一勧業銀行」時代の話しである。

そして、「半沢直樹」では、東京第一銀行が融資した資金が詐欺に使われていたということだが、史実では、第一勧業銀行が総会屋の株購入資金となっていた。

■牧野治(山本亨)のモデルのネタバレ

史実では、1997年に総会屋が証券会社の株を大量に購入し、証券会社から不正に利益を受けるという事件があった。

そこで、警察が、お金の出所を探ると、第一勧業銀行にたどり着き、第一勧業銀行が無担保で500億円を総会屋に融資していた事が判明したのである。

こうして、1997年に第一勧業銀行の総会屋利益供与事件が発覚し、第一勧業銀行の幹部など11人が逮捕されるという事態に発展した。

会長・宮崎邦次は関与を否定していたのだが、事情聴取から解放されて帰宅した翌日に、遺書を残して自宅で首を吊った。1997年6月29日のことだった。

ちなみに、高杉良の小説「呪縛-金融腐蝕列島2」は、第一勧業銀行の総会屋利益供与事件がモデルとなっている。

半沢直樹(楽天)

スポンサードリンク

コメントを投稿する