恋する母たち-原作のあらすじとネタバレ

木村佳乃が主演するTBSのドラマ「恋する母たち」の原作のあらすじとネタバレです。

■恋する母たち-原作のあらすじとネタバレ

駅前の不動産屋でパートをして生計を立てるシングルマザー石渡杏(木村佳乃)は、1人息子の石渡研をエリートが通う有名私立「麻蔵学園高校」に子供を通わせることになった。

そして、石渡杏は、初めての保護者会に私服で出席し、他の保護者から白い目で見られるのだった。

そのようななか、石渡杏はブランド品で身を固めたド派手な保護者・蒲原まり(仲里依紗)と出会う。

そして、石渡杏は、蒲原まりから「浮気してたりして」と言われて驚き、「10年前のアレは浮気だったのだろうか」と言い、10年前の事を思い出すのだった。

スポンサードリンク

■10年前の思い出

石渡杏は大学のサークルで夫・石渡伸吾と出会って結婚し、2年後に長男・石渡研が生まれた。

しかし、ある日、夫・石渡伸吾が会社の金を横領していた事が判明する。夫・石渡伸吾は母親から金を借りて返済したので、刑事事件にはならなかったが、会社から解雇され、失踪した。

石渡杏が、行方不明になった夫・石渡伸吾の事を心配していると、斉木巧という男性が尋ねてきた。

斉木巧は「お宅の旦那はウチの妻と駆け落ちをした」と言い、石渡伸吾から届いた絵はがきを差し出した。

確かに、絵はがきは夫・石渡伸吾の字だったが、石渡杏は信じようとしなかった。

しかし、石渡杏は子供の為に現実を受け入れ、前を向く事を決意し、翌日、斉木巧に会い、夫のことを吹っ切るために、夫が不倫していた事実を聞いた。

ところが、石渡杏は別れ際に斉木巧からキスをされ、そのままホテルへと行き、斉木巧に抱かれたのだった。

石渡杏は事故だと思っていたが、斉木巧から誘われて、再びホテルで斉木巧に抱かれた。

別れ際に、斉木巧は「また連絡する」と言ったが、石渡杏は困惑してなにも答えられなかった。

石渡杏は、斉木巧に恋愛感情を持っていたわけではなく、怒りという感情から動物的に体の関係を持っただけだったのだ。

すると、それを察した斉木巧は、「終わりにしよう」と言い、2人の関係は終わった。

恋愛感情の無い肉体関係は、この2回だけだったので、石渡杏は「あれは不倫だったのだろうか」と疑問に思ったのだ。

■斉木巧との再会

さて、保護者会で知り合った蒲原まりが「マジで不倫経験あり?」と驚くと、石渡杏は、慌てて浮気を否定し、蒲原まりと連絡先を交換して友達となった。

そこへ、10年ぶりに斉木巧からのメールが着信した。

石渡杏は激しく動揺しながらも、喫茶店で斉木巧と会うと、斉木巧は「ご主人は与論(よろん)に居ます」と教えた。

(注釈:与論は沖縄の北東にあり、鹿児島県の最南端の島です)

しかし、石渡伸吾は駆け落ちした斉木由香とは別れ、与論で別の女性と暮らしており、斉木由香も別の男性と再婚しているのだという。

斉木巧も週刊誌の記者に転職しており、みんな色々と変わっていたが、石渡杏は「自分は10年間、母親でしかなかった」と落ち込むのだった。

スポンサードリンク

■蒲原まり(仲里依紗)の悩み

蒲原まりの夫・蒲原繁樹は年収3500万円の弁護士で、蒲原まりは3人の子供を育てる専業主夫だった。誰もが羨ましがる幸せな家庭を持つセレブだった。

しかし、蒲原まりには2つの悩みがあった。1つ目は麻蔵学園高校に通う長男・蒲原繁秋だった。長男・蒲原繁秋はラッパーになると言って勉強をしなかった。

2つ目は夫・蒲原繁樹の浮気だった。夫・蒲原繁樹は弁護士事務所を経営しているのだが、部下の女性を愛人にしていた。

そのようななか、蒲原まりは、チャリティーコンサートで、落語家の今昔亭丸太郞とで会い、今昔亭丸太郞から「宝くじに当たったレベル。7億円の価値がある」と言われ、食事に誘われた。

困った蒲原まりは、石渡杏に夫以外の男性とデートする事を相談し、夫とは5年間も夫婦生活が無い事を明かした。

すると、石渡杏も、10年前に夫が失踪した事を明かした。

■林優子(吉田羊)と出会う

林優子は大企業「コジカビール」の宣伝部部長で、15秒あれば全て切り替えられるというキャリアウーマンだった。コジカビールで女性初の役員になると噂されていた。

夫・林シゲオは小説家になると言って会社を辞めて専業主夫をしており、長男・林大介は2年も引きこもっており、学校には行っていなかった。

ある日、林優子は電車で痴漢を見つけて取り押さえて駅員に突き出すが、後に犯人は取引先の会長の息子だったことが判明する。

林優子は副社長から目撃証言の撤回を迫られるが、撤回を拒否したため、部下の赤坂剛がプロジェクトリーダーに選ばれた。

そのようななか、石渡杏・蒲原まり・林優子の3人は、子供の担任によれば、麻蔵学園高校を訪れ、石渡杏は林優子と出会った。

そして、3人は担任から、期末テストで1教科でも赤点を取れば留年になるので、自主退学を勧めると言われたのだった。

恋する母たち-原作の2巻のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する