竜の道-第7話のあらすじとネタバレ

玉木宏が主演するフジテレビの復讐ドラマ「竜の道」の第7話のあらすじとネタバレです。

原作のネタバレは「竜の道-原作のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

第6話のあらすじとネタバレは「竜の道-第6話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■竜の道-第7話のあらすじとネタバレ

霧島晃(細田善彦)は矢端竜一(玉木宏)に取締役会で裏切った事を謝罪し、霧島源平(遠藤憲一)を残したまま会社を改善して欲しいと頼むが、矢端竜一は「無理です」と言い、霧島晃を切った。

一方、霧島源平(遠藤憲一)は、エニウェイズから、「これ以上の改善が見られない場合は、御社との仮契約を解除し、もう1社と契約する」と告げられた。

焦る霧島源平(遠藤憲一)は、部下に檄を飛ばし、部下に無理を強いていた。

そして、霧島源平(遠藤憲一)は、ヤクザの親分・曽根村始(西郷輝彦)に金を積み、エニウェイズとの契約に尽力を頼んでいた。

さて、矢端竜一(玉木宏)は、霧島源平(遠藤憲一)を破滅に導くため、「霧島源平に殺しを依頼させる」という計画を立てた。

そこで、矢端竜一は、キリシマ急便の役員・二見に接触し、「今ならエニウェイズとの契約があるので、いくらでも出す」と言い、霧島源平(遠藤憲一)を脅すように仕向けた。

そこで、二見が運転手が死んだ事をネットで拡散すると言って脅すと、霧島源平(遠藤憲一)は「いくら欲しいんだ」と答えた。

ある日、矢端竜一(玉木宏)は霧島源平(遠藤憲一)の元を訪れ、取締役会の件で、ある人物から脅されており、金を払ったら、次から次へと要求がエスカレートして、困っていると話した。

霧島源平(遠藤憲一)が「誰がそんなことを?」と尋ねると、矢端竜一(玉木宏)は「お名前は・・・止めておきます。ただ、その男は御社にも恨みを持っているので、ご忠告にあがったんです」と忠告して帰った。

翌日、矢端竜一(玉木宏)は、役員・二見に会い、「借金の取り立てが大変でしょう。利子の足しにしてください」と言い、金を渡した。

霧島源平(遠藤憲一)の部下が矢端竜一(玉木宏)を尾行しており、金の受け渡しを見て、霧島源平に「犯人は二見です」と報告した。

さらに、矢端竜一(玉木宏)はエニウェイズに、キリシマ急便の運転手が死んだという告発文を送った。

すると、エニウェイズの担当者は、霧島源平(遠藤憲一)に電話をかけ、「告発文が届いた。何か問題が起きてるんじゃないですか」と追求した。

焦った霧島源平(遠藤憲一)は、ヤクザの親分・曽根村始(西郷輝彦)の元を訪れ、「消していただきたい男が居ります」と言い、金の入ったバックを差し出した。

曽根村始(西郷輝彦)は、仕事を引き受けるが、矢端竜一(玉木宏)の依頼で、その様子をスマートフォンで撮影していた。

その後、矢端竜一(玉木宏)は、曽根村始(西郷輝彦)から「録画した」という知らせを受け、これでオヤジとオフクロの敵を討つことが出来ると喜んだ。

そこで、矢端竜一(玉木宏)は録画のデータを受け取りに行くが、いつまで経っても曽根村始(西郷輝彦)が来なかった。

異変を感じた矢端竜一(玉木宏)は、二見に電話してみると、二見は霧島源平(遠藤憲一)に呼ばれたので、金を取りに行くところだと言った。

おかしいと思った矢端竜一(玉木宏)は、車を飛ばして、二見の所に駆けつけると、二見が男2人に襲われていたので、二見を助けて逃がすが、矢端竜一は捕まり、曽根村始(西郷輝彦)の元へ連行された。

矢端竜一(玉木宏)が「どうして二見を殺そうとした」と尋ねると、曽根村始(西郷輝彦)は「霧島源平(遠藤憲一)から金を貰ったからだ。勘違いするな。俺はどちらの味方でもない。俺は俺の仕事をするだけだ」と告げた。

そして、曽根村始(西郷輝彦)は「俺は仕事の邪魔をする奴が許せない。お前が二見を殺せ。そしたらデータを渡してやる」と告げ、拳銃を差し出した。

その後、矢端竜一(玉木宏)は矢端竜二(高橋一生)に会って、二見を殺害してデータを手に入れる以外に、霧島源平(遠藤憲一)に復讐する方法は無いと告げた。

しかし、矢端竜二(高橋一生)は、「お前は殺人鬼じゃ無い」と言って反対し、霧島まゆみ(松本まりか)と結婚してキリシマ急便を継げば、復讐できると告げた。

矢端竜一(玉木宏)が「美佐(松本穂香)はどうする」と告げると、矢端竜二(高橋一生)は「美佐が好きなのは、お前だ竜一。だから、これ以上、人を殺そうなんて考えるな」と告げた。

一方、吉江美佐(松本穂香)は、育ててくれた叔母から「沖和紀という記者が来たと言い、沖和紀は長男の竜一が生きていると言っていた。何か知ってる?」と尋ねられ、激しく動揺するが、矢端竜一(玉木宏)が兄・竜一だ確信する。

意を決した吉江美佐(松本穂香)は、矢端竜一(玉木宏)の元を訪れ、「沖という記者が叔母を訪ねてきたそうです。竜一は生きていると疑っています」と教え、涙をこらえて立ち去るのだった。

竜の道-ドラマの最終回のあらすじと結末ネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する