危険なビーナス-矢神楓(吉高由里子)の原作ネタバレ

妻夫木聡が主演するTBSのドラマ「危険なビーナス」に登場する謎の美少女・矢神楓(吉高由里子)の原作ネタバレです。

原作のあらすじとネタバレは「危険なビーナス-原作のあらすじと犯人ネタバレ」をご覧ください。

■矢神楓(吉高由里子)の原作ネタバレ

矢神楓(吉高由里子)は、主人公・手島伯朗(妻夫木聡)の義理の妹(弟の妻)である。

手島伯朗には、矢神明人という弟が居るのだが、矢神明人は母親と再婚相手の間に生まれた子、つまり異父兄弟だった。

そして、手島伯朗は再婚相手・矢神の籍に入らなかったので、矢神家とは関係無く、既に母親が死んでいたことから、兄弟付き合いも無く、弟・矢神明人とは疎遠になっていた。

このため、矢神楓から教えられ、弟・矢神明人が矢神楓と結婚していた事を知ったという有様だった。

さて、手島伯朗は矢神楓から、弟・矢神明人が失踪した事を教えられ、矢神家へ付き添って欲しいと頼まれ、失踪した弟・矢神明人の調査に協力するのだった。

スポンサードリンク

■矢神楓(吉高由里子)の正体ネタバレ

矢神楓は、弟・矢神明人だと言っていたが、本当は弟の妻ではなく、警視庁の潜入捜査官だった。

警視庁は、「誰かを拉致しようとする書き込みがある」という通報を受け、書き込みの主にコンタクトを取ると、イタズラではなく、本当の依頼だと判明した。

そこで、警視庁は書き込みの犯人を特定するため、拉致の依頼を受け、ターゲットの弟・矢神明人にコンタクトを取り、協力を要請した。

すると、弟・矢神明人は、16年前に死んだ母親の死に疑問を感じていたので、母親の死を再捜査する事を条件に、警察への協力を承諾した。

そこで、潜入捜査員として送り込まれたのが、矢神楓だったのである。

■矢神楓(吉高由里子)の正体と結末ネタバレ

矢神楓は、犯人を逮捕して事件を解決した後、自分は矢神明人の妻ではなく、潜入捜査官だったことを明かした。

手島伯朗は、矢神楓の事を好きになっていたが、「弟の妻」なので、出だしが出来ずに悶々としていたが、潜入捜査官なら誰からも後ろ指を指されることがない。

そこで、手島伯朗は、告白しようとするのだが、矢神楓は全て任務だったと言い、立ち去ったので、失恋してしまう。

しかし、その後、矢神楓はミニブタを飼い始めたと言い、手島伯朗が勤務する動物病院を訪れ、ミニブタは病気がちなので、長い付き合いになりそうだと言い、実質的な逆プロポーズで終わった。

最後に、ミニスカートで来た矢神楓が足を組み替えてもパンツが見えなかったというオチが付いているのだが、見えるも何も、吉高由里子は映画「蛇にピアス」で脱いでおり、大胆な濡れ場を演じている。

だから、手島伯朗(妻夫木聡)に映画「蛇にピアス」を見せてあげれば、鼻血を出して喜ぶのではないか。

蛇にピアス(楽天)

スポンサードリンク

コメントを投稿する