朝ドラ「エール」-古山華(古川琴音)のモデルとネタバレ

古関裕而をモデルとするNHKの朝ドラ「エール」に登場する古山華(古川琴音)のモデルとネタバレです。

朝ドラ「おちょやん」のあらすじとネタバレは「朝ドラ「おちょやん」のあらすじとモデルのネタバレ」をご覧ください。

■エール-古山華(古川琴音)のネタバレ

古山華(古川琴音)は、古山裕一(窪田正孝)と古山音(二階堂ふみ)の間に生まれた娘である。

古山華(古川琴音)は、やりたいことが見つからず、将来について思い悩み、悶々とした日々を過ごしていた。

そのようななか、甲子園を目指して野球に打ち込む竹中渉(伊藤あさひ)を観て、恋心に目覚めるのだった。

スポンサードリンク

■古山華(古川琴音)のモデル

父・古山裕一(窪田正孝)のモデルが古関裕而なので、古山華(古川琴音)のモデルは古関裕而の娘となります。

古関裕而には、長女・古関雅子と次女・古関紀子という娘が2人居るので、どちらかモデルかは不明ですが、エピソード的には朝ドラ「エール」のオリジナルキャラクターと考えて良いと思います。

■キャストは古川琴音

古川琴音は、ドラマ「義母と娘のブルース」「凪のお暇」などに出演して、令和の「ブスかわ」として注目を集める女優です。

ドラマ「レンタルなんもしない人」では、同性愛者の役を演じ、土村芳と同棲していました。

なお、朝ドラ「エール」のモデルやネタバレは、「エール-あらすじとネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する