エール-ラーメン屋の天野弘(あまの・ひろし)のモデルとネタバレ

NHKの朝ドラ「エール」に登場する屋台のラーメン屋・天野弘(山中崇)のモデルとネタバレです。

朝ドラ「エール」のモデルやネタバレは「朝ドラ「エール」のモデルとあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■エール-天野弘(山中崇)のネタバレ

戦後、関内吟(松井玲奈)の夫・智彦は、軍人だったプライドが邪魔をして、再就職に失敗して落ちぶれていた。

そんな智彦を拾ったのが、闇市の屋台のラーメン屋の店主・天野弘(山中崇)である。
天野弘(山中崇)は、落ちぶれていた智彦を雇い、ラーメンの作り方を教えた。

その後、智彦は軍人時代の同僚に誘われ、商社に就職するが、「元同僚がラーメン屋で惨めだったので誘った」と言われたので、商社を辞めてラーメン屋に戻った。

その後、店主・天野弘(山中崇)はラーメン屋を開いたので、智彦に屋台を譲った。

スポンサードリンク

■エール-天野弘(山中崇)のモデル

戦後のラーメンと言えば、朝ドラ「まんぷく」のモデルとなった安藤百福だ。安藤百福はインスタントラーメンの「チキンラーメン」を開発して日清食品を創業し、カップヌードルも発売して、ラーメン王となった。

だから、天野弘(山中崇)のモデルは、日清食品の創業者・安藤百福と言いたいところなのだが、実は安藤百福は、ラーメン作りの経験が無い状態から、チキンラーメンを開発しており、屋台でラーメン屋をしていた事実はないのだ。

そもそも、天野弘(山中崇)がチキンラーメンを開発するかどうかも判明していないので、現時点ではモデルは特定できない。

なお、朝ドラ「エール」の第19週のあらすじとネタバレは「」をご覧ください。

古山裕一(窪田正孝)が作曲する「長崎の鐘」の実話は「エール-第19週「永田武と長崎の鐘」のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する

エール-ラーメン屋の天野弘(あまの・ひろし)のモデルとネタバレへのコメント

ラーメン調理指導が難波公一氏なので、ホープ軒本舗なのでは❓

  • 投稿者-
  • やす
  • -2020年10月26日