35歳の少女-広瀬結人(坂口健太郎)の初恋は時岡望美(柴咲コウ)

柴咲コウが主演する日本テレビのドラマ「35歳の少女」の原作とあらすじとネタバレの後編です。

前編は「35歳の少女-原作とあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■35歳の少女-あらすじとネタバレ後編

ある日、退院した時岡望美(柴咲コウ)が25年ぶりに自宅に戻ると、自分の部屋は25年前のままだった。

時岡望美は机の上にあった本「モモ」を手に取ると、ほんの最後に「広瀬結人」と書いており、時岡望美は同級生・広瀬結人の事を想いだした。

そこで、母・時岡多恵は、同級生・広瀬結人も、退院のお祝い会へ呼ぶことにした。

さて、父・今村進次(田中哲司)と妹・時岡愛美(橋本愛)が、退院祝いのために、久しぶりに帰宅すると、母・時岡多恵のリクエスト通り、一緒に住んでいるように振る舞った。

母・時岡多恵がすき焼きを作っているというので、妹・時岡愛美が「すき焼きの豆腐を買いに言って事故に遭ったのよ。嫌がらせ?私がお使いに行くのを嫌がったから」と怒ると、父・今村進次は「そんなことはない。悪いのは、自転車のブレーキを直すのを忘れたパパだから」とフォローした。

妹・時岡愛美が「すき焼きなのに、豆腐を買うのを忘れた人に一番、責任があるんじゃないの?」と嫌味を言うと、母・時岡多恵は「だから、みんなで食べなきゃダメなの。みんなで前に進むために」と答えた。

さて、すき焼きができ、時岡望美(柴咲コウ)の退院祝いが始まり、広瀬結人(坂口健太郎)も退院祝いに駆けつけた。

母・時岡多恵は妹・時岡愛美に「誰だか分る?」と言い、広瀬結人(坂口健太郎)は本「モモ」を貸してくれた小学校の同級生だと教えると、時岡望美は心の中で、「このおじさんが結人くん?」と驚いた。

父・今村進次が「お仕事は?」と尋ねると、広瀬結人は小学校の先生をしていると言い、教師としての理想を色々と話していたが、急に態度を変えて、「・・・そうだったら、良いなって。もう教師なんかやってません。バカバカしくて辞めました。今のガキは大人を舐めてるし、保護者は五月蠅いし」と吐き捨てた。

そして、広瀬結人は、結婚式や葬式に親族の振りをして出席する代行業をしているのだと言い、「なんで嘘を付いていたのかと言うと、お前のママに頼まれたからだ。俺はもう、お前の知ってる結人くんじゃないんだ。夢とか愛とか、甘っちょろい言葉を聞くと虫唾が走る。ついでに言うと、今はお前が夢見てたみらいじゃないんだよ。温暖化や差別には目をつぶり、みんな自分が得する事ばかり考えている。お前は、ずっと寝たままの方が良かったんじゃないか」と言い、現実を突きつけた。

すると、時岡望美(柴咲コウ)は子供のように声を上げて泣き出したので、母・時岡多恵は広瀬結人に「私はこの子のためだったら、何だってする。だから2度と、この子の前に現われないで」と言い、追い返した。

父・今村進次(田中哲司)は慌ててフォローしようとするが、妹・時岡愛美(橋本愛)は「私たちも本当の事をいいんじゃないの?」と言い、父・今村進次も離婚し、妹・時岡愛美も家を出て、一緒に住んでいないことをネタバレした。

すると、時岡望美(柴咲コウ)がますます泣き出したので、母・時岡多恵(鈴木保奈美)は怒って2人を帰し、「大丈夫、ママが居るから」と言い、時岡望美を抱きしめたのだった。

その夜、妹・時岡愛美(橋本愛)はプレゼンの資料を一緒に作るという口実で、同僚・相沢秀男(細田善彦)の部屋を訪れるが、相沢秀男の部屋には若い女性が居り、ショックを受けた。

翌朝、広瀬結人(坂口健太郎)は、時岡多恵(鈴木保奈美)からの電話で目覚める。時岡望美(柴咲コウ)が居なくなってしまったのだという。

広瀬結人が時岡望美を探しに行くと、時岡望美は小学校を眺めていたので、「建て直したので、25年前の校舎とは違う」と教えた。

その後も時岡望美は街中を歩き回るので、広瀬結人は「25年前の物は残っていない」と呆れるが、通りかかった図書館は25年前のままだった。

そこで、2人は図書館に入ると、時岡望美は25年前と変わらない本棚を見て、「こんな顔も嫌、こんな声も嫌、目覚めなければ良かった」と言ってい泣いた。

すると、広瀬結人は「お前は俺の初恋だった。いや、お前は今も10歳だから、現在進行形だ。お前が事故に遭ったと知り、死ぬほど後悔した。もう気持ちが伝えられないから。でも、25年経って、この悔しさを晴らすことができた。だから、お前は目覚めて良かったんだ。こんな世界だけど、戻ってきて良かったんだ。こうして、また会うことが出来ただろ」と告げた。

それを聞いた時岡望美は「結人くんだ。結人くんだ」と喜んだ。

その後、帰宅した時岡望美は、リビングの鏡にかけている布を取って、35歳になった自分の顔と向き合った。

母・時岡多恵(鈴木保奈美)は、そんな時岡望美を見て思い出した。

母・時岡多恵は、時岡望美を25年間も看病し続けてきたが、心が折れて、もうダメだと思って諦めようとしていたときに、時岡望美が目覚めたのだった。

35歳の少女-第2話のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する