リモラブ-檸檬(レモン)の正体のネタバレと考察と疑義

波瑠が主演する日本テレビの産業医ドラマ「#リモラブ」に登場する檸檬の正体のネタバレと考察と疑義です。

「35歳の少女」のあらすじとネタバレは「35歳の少女-原作とあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■出会いの切っ掛け

大桜美々(波瑠)は、非常勤の精神科医・富近ゆり(江口のりこ)からストレス解消としてゲームを勧められた。

そこで、大桜美々は、勧められたテレビゲームをするのだが、ゲームが下手だったので、直ぐに諦めてしまう。

そのとき、ゲームの中に自分より下手な「檸檬(れもん)」という人が居たので、ゲームのアプリを使って「下手ですね」というメールを送信した。

すると、檸檬から返事が来て、大桜美々は檸檬とメールのやりとりを開始し、いつしか檸檬に惚れてしまうのだった。

スポンサードリンク

■檸檬の正体の考察と疑義

第1話を観て、大桜美々(波瑠)が好きになってしまった檸檬の正体を考察する。

そもそも、大桜美々(波瑠)が好きになったということで、檸檬を男性だと考える人も居るかもしれないが、第1話に、檸檬が男性か女性か判断できる要素は出てこない。

したがって、「女性が好きになったのだから、相手は男性だろう」という先入観を利用したスリードの可能性が大きい。

つまり、檸檬の正体は、男性ではなく、女性という可能性が大きい。「おっさんずラブ」があるのだから、「おばさんずラブ」があっても良いだろう。

■檸檬の正体の予想

第1話の時点では、我孫子沙織(川栄李奈)・乙牧栞(福地桃子)・富近ゆり(江口のりこ)・駒寺夏樹(ついひじ杏奈)の全員に可能性があるが、怪しいのは精神科医の富近ゆり(江口のりこ)だろう。

大桜美々(波瑠)は、交際していた男性(お茶漬け)に振られた事を切っ掛けに、男性から感じる味を料理で表現するようになった。

男性を料理で表現するなど、極めて珍しい症例なので、精神科医の富近ゆり(江口のりこ)は、大桜美々(波瑠)の脳を調べてみたいと思うようになった。

そこで、大桜美々(波瑠)をネットゲームに招待し、ハンドルネーム「檸檬」となって大桜美々に接触したという可能性が考えられる。

スポンサードリンク

■檸檬の正体の予想2

ストーリー上で重要なポジションには、朝ドラ女優を使う傾向があるので、我孫子沙織(川栄李奈)と乙牧栞(福地桃子)の可能性が大きい。

なかでも、福地桃子は、朝ドラ「なつぞら」で評判を呼び、哀川翔の娘ということでも話題になったので、檸檬の正体は乙牧栞(福地桃子)だと予想する。

乙牧栞(福地桃子)は、鐘木パルプコーポレーション(通称「カネパル」)の社員ではないが、その点は重要ではない。

檸檬はカネパルの社内に居るということになっているが、その根拠は檸檬が大桜美々(波瑠)に送った写真だけである。

乙牧栞(福地桃子)は、カネパルの八木原大輝(髙橋優斗)と交際しているので、八木原大輝が送ってきた写真を転送すれば、写真の問題もクリアする。

先に紹介したように、精神科医の富近ゆり(江口のりこ)という可能性もあるのだが、私は乙牧栞(福地桃子)の可能性の方が大きいと思う。

なお、「#リモラブ」のあらすじとネタバレは「#リモラブ-原作とあらすじとネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する