おちょやん-高峰ルリ子(たかみね・るりこ/明日海りお)のモデル

NHKの朝ドラ「おちょやん」に登場する高峰ルリ子(明日海りお)の実在のモデルとネタバレです。

■高峰ルリ子(明日海りお)のネタバレ

朝ドラ「おちょやん」に登場する高峰ルリ子(明日海りお)は、新派の女優で、かつては東京で主役を張る程の人気女優だったが、鶴亀の社長・大山鶴蔵(中村鴈治郎)に頼まれて鶴亀家庭劇のメンバーに加わった。

しかし、高峰ルリ子(明日海りお)は、ある女優に主役も婚約者も奪われたため、その女優の顔を叩いたら、女優の首を絞めて殺そうとしたという噂が立ってしまい、婚約者に事実を釈明しても、信用して貰えなかった。

高峰ルリ子(明日海りお)は、この噂の影響で主役が張れなくなっており、女優としては落ち目で、鶴亀家庭劇が最後のチャンスだと考えていた。

ところが、鶴亀家庭劇の須賀廼家千之助(ほっしゃん)は、アドリブを連発し、台本を軽視した芝居をするので、高峰ルリ子(明日海りお)は須賀廼家千之助のアドリブに反発した。

すると、高峰ルリ子(明日海りお)は須賀廼家千之助(ほっしゃん)から、台本が無いと芝居が出来ないのは3流役だと罵倒されたので、鶴亀新喜劇を辞めて芝居を廃業することにした。

しかし、高峰ルリ子(明日海りお)は竹井千代(杉咲花)の説得を受け、鶴亀新喜劇に復帰し、再び芝居と向き合うのだった。

スポンサードリンク

■高峰ルリ子(明日海りお)の実在モデル

高峰ルリ子(明日海りお)のモデルは、現在調査中なので、途中経過を報告します。

昭和3年、松竹は、喜劇界のトップに君臨する「曽我廼家五郎劇」の独走をよしとせず、渋谷一雄(2代目・渋谷天外)と曽我廼家十吾を支援して劇団「松竹家庭劇」を旗揚げさせた。

しかし、「松竹家庭劇」は役者が不足していたので、「新興成美団」から助っ人が参加していた。

そして、助っ人に来た女優が、浪花千栄子・石河薫・米津佐喜子・東愛子らだった。

しかし、当時は昭和不況という不景気に見舞われていたうえ、当時は「家庭」という言葉が新しい新しく登場したばかりの言葉だったので、何の芝居をするのか全く理解されず、客が入らなかった。

「松竹家庭劇」を「まつたけ・いえにわ劇」と読んで、植木屋の芝居と勘違いをする人まで出る始末である。

そこで、松竹は、話題作りのために、渋谷一雄に父親の芸名「渋谷天外」の襲名を命じた。

ところが、渋谷一雄は「渋谷天外」の襲名を嫌がり、逃げ回った。

実は、父親の「渋谷天外」という芸名には莫大な借金が付いており、「渋谷天外」を襲名すると、莫大な借金を背負うことになるのだ。

しかし、最後は松竹の厳命で渋谷一雄は2代目・渋谷天外を襲名したが、話題作りは失敗し、「松竹家庭劇」は低迷を続けた。

「松竹家庭劇」は何とか解散を免れて芝居を続けていたのだが、2代目・渋谷天外と曽我廼家十吾が喧嘩別れをしたため、昭和6年に「松竹家庭劇」は解散した。

その後、松竹が間に入り、2代目・渋谷天外と曽我廼家十吾が再び手を組んだので、昭和7年に第2次「松竹家庭劇」が旗揚げされるのだった。

しかし、2代目・渋谷天外と曽我廼家十吾が再び喧嘩別れせいて、2代目・渋谷天外は浪花千栄子らを連れて「すいーと・ほーむ」を旗揚げし、「松竹家庭劇」から分裂した。

■高峰ルリ子(明日海りお)のモデル

さて、高峰ルリ子(明日海りお)のモデルは、松竹家庭劇に助っ人として参加していた石河薫・米津佐喜子・東愛子という可能性ある。

石河薫は「松竹家庭劇」の女優の幹部で、2代目・渋谷天外が昭和21年に「すいーと・ほーむ」を旗揚げすると、「すいーと・ほーむ」に移籍した。

東愛子は「松竹家庭劇」の女優の幹部だったが、昭和21年に「松竹家庭劇」が分裂したときに女優を引退した。

米津佐喜子については、「松竹家庭劇」の資料が無いので、助っ人に参加しただけで、「松竹家庭劇」には残らなかった可能性がある。

ただ、この3人の経歴を見ても、高峰ルリ子(明日海りお)のモデルだと特定できる要素は無い。エピソード的には香川良子の方が近いような気もする。

スポンサードリンク

■香川良子がモデル?

高峰ルリ子と香川良子
香川良子は、東亜キネマの女優で、不倫をしており、邪魔になった夫を殺害するため、京都の五条橋から突き落として逮捕された。

香川良子は戦前のスキャンダル女優だが、高峰ルリ子(明日海りお)のモデルとして紹介するには厳しい感じがする。

なお、朝ドラ「おちょやん」の実話や解説は「朝ドラ「おちょやん」のあらすじとモデルのネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク