おちょやん-漆原要二郎(うるしばら・ようじろう)のモデルとネタバレ

NHKの朝ドラ「おちょやん」に登場する漆原要二郎(うるしばら・ようじろう)の実在のモデルとネタバレです。

■漆原要二郎(大川良太郎)

朝ドラ「おちょやん」に登場する漆原要二郎(大川良太郎)は、初代・天海天海(茂山宗彦)時代から女形として活躍する役者である。

女形というのは、男性が女装をして女の役を演じる役者のことで、有名なところでは梅沢富美男が女形である。

さて、漆原要二郎(大川良太郎)は体も大きく、到底、女性に見えないのだが、舞台に立つ、その美しさは圧巻で、まさに「危険なビーナス」であった。

天海一平(成田凌)らが旗揚げした「鶴亀家庭劇」にも参加しており、天海一平に特別な思いを抱いている。

竹井千代(杉咲花)も油断をしていられない展開に・・・。

スポンサードリンク

■漆原要二郎(大川良太郎)のモデル

「鶴亀家庭劇」のモデルは「松竹家庭劇」なので、漆原要二郎(大川良太郎)のモデルは、「松竹家庭劇」の女形ということになる。

女形は曽我廼家十吾に関連してくるのだが、時間の関係でモデルは特定できないかもしれない。

ただ、モデルになるだろうエピソードがあるので紹介しておく。

曽我廼家五九郎が女形を排除したオール女優で芝居をヒットさせた事を受け、曽我廼家十吾も女形廃止を訴えた。

しかし、劇団から女形を排除すると言うことは、女形の失業を意味しており、曽我廼家十吾は女形に呼び出され、ボコボコにされてしまうのだった。

昭和23年に、「喜劇王」と呼ばれた曽我廼家五郎が死ぬと、松竹は「五郎劇」「松竹家庭劇」「すいーと・ほーむ」を併合して、「松竹新喜劇」を旗揚げした。

しかし、「松竹新喜劇」は、女優と女形が混在するという不協和音に満ちた劇団だったこともあり、全く芝居は当たらず、経営は火の車だった。

松竹の担当者が解散を進言したが、松竹の白井松次郎が責任は自分が持つと言い、「松竹新喜劇」を続けさせた。

しかし、役者の方が赤字の「松竹新喜劇」に見切りを付けて辞めていった。

このとき、曽我廼家十吾が排除しようとした女形が辞めていき、「松竹新喜劇」から女形が居なくなった。

すると、「松竹新喜劇」は次第に人気を取り戻すようになり、その後、経営が軌道の利、黒字化されるのだった。

このように、朝ドラ「エール」の漆原要二郎(大川良太郎)は、劇団から排除されるべき存在として描かれると考えられる。

■キャストは大川良太郎

大川良太郎は、昭和53年(1978年)3月6日生まれ、大阪府大阪市の出身の役者で、劇団九州男の座長襲名している。女形もしているようだ。

山田五十鈴の父親が山田九州男(くすお)という女形の役者だったのだが、劇団九州男と山田九州男は何か関係があるのだろうか。

なお、朝ドラ「おちょやん」のモデルやネタバレは「朝ドラ「おちょやん」のあらすじとモデルのネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する