おちょやん-石田香里(いしだ・かおり/松本妃代)のモデルとネタバレ

NHKの朝ドラ「おちょやん」に登場する石田香里(いしだ・かおり/松本妃代)の実在のモデルとネタバレです。

天海一平(成田凌)のモデルについては「おちょやん-天海一平(成田凌)のモデルとネタバレ」をご覧ください。

■石田香里(松本妃代)のネタバレ

朝ドラ「おちょやん」に登場する石田香里(松本妃代)は、歌劇団出身の女優で、鶴亀家庭劇に入団するが、喜劇では歌って踊れる機会が無く、その才能を発揮する事が出来ずにいた。

石田香里(松本妃代)は自分よりも歌や踊りが下手なのに、喜劇の世界で活躍する竹井千代(杉咲花)をライバル視している。

果たして、アドリブ王と呼ばれた須賀廼家千之助(ほっしゃん)に鍛えられた竹井千代(杉咲花)に、喜劇で勝負を挑んで勝てるのだろうか・・・。

女優・高峰ルリ子(明日海りお)は、2人の争いを静観するのか、それとも・・・。

スポンサードリンク

■石田香里(松本妃代)の実在のモデル

戦後の昭和23年、喜劇王と呼ばれた曽我廼家五郎が死ぬと、松竹は「曽我廼家五郎劇」「松竹家庭劇」「すいーと・ほーむ」を合併して、「松竹新喜劇」を旗揚げした。

このとき、松竹の社長・白井松次郎は、女優を補強するため、大阪松竹歌劇団などの女優を「松竹新喜劇」に入れた。

おそらく、石田香里(松本妃代)のモデルは、このときに、松竹新劇に入った女優の1人だと考えられる。

朝ドラ「おちょやん」は、竹井千代(杉咲花)が子供の頃に大阪・道頓堀の芝居茶屋に奉公して、カフェー「オリエンタル」を経て映画界に入り、その後、「鶴亀家庭劇」に入って女優としての道を歩むというストーリーである。

そして、竹井千代(杉咲花)のモデルが浪花千栄子なので、浪花千栄子をライバル視する女優は1人しか思い浮かばないのだが、現時点ではモデルと断定するのは難しい。

■キャストは松本妃代

松本妃代は、平成7年(1995年)3月20日生まれ、兵庫県出身の女優で、元々はダンスボーカルユニット「クリスタル・バーニッシュ・ドール」に加わっていたが、音楽活動を引退して女優に転身した。

なお、朝ドラ「おちょやん」のモデルや実話のネタバレは「朝ドラ「おちょやん」のあらすじとモデルのネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する