およちゃんのモデル浪花千栄子の本名や芸名の由来のネタバレ

NHKの朝ドラ「おちょやん」のモデル浪花千栄子(なにわ・ちえこ)の本名や芸名の由来のネタバレです。

■浪花千栄子の本名の由来のネタバレ

浪花千栄子の本名は「南口キクノ」のである。浪花千栄子は、大阪府南河内郡大伴村大字板持(大阪府富田林市東板持町)で生まれている。

鎌倉時代の名将・楠木正成には、大阪府富田林市の出身という説があり、この辺は楠木正成の人気が高く、楠木正成にちなんだ名前を付ける人が多かった。

南口キクノという名前も、楠木正成の家紋が「菊水」だったことから、楠木正成にちなんで「キクノ」と名付けられた。

南口キクノの母親が「南口キク」というので、母親から取ったのではないかという疑惑はあるのだが、楠木正成の家紋が「菊水」が由来らしい。

スポンサードリンク

■浪花千栄子の芸名の由来のネタバレ

浪花千栄子の芸名は「三笠澄子(みかさ・すみこ)」→「香住千栄子(かすみ・ちえこ)」→「浪花千栄子(なにわ・ちえこ)」と変わった。

1番目の「三笠澄子」という芸名は、最初に入ったプロダクションの監督が付けたのだが、由来はよく分らない。

2番目の「香住千栄子」の由来は少し複雑である。

浪花千栄子は、京都の三友劇場に出演している村田栄子一座に入り、村田栄子一座で看板女優になった。

しかし、師匠の田村栄子はヒステリーの持ち主で、直ぐに物を投げつけるような人だった。

それでも浪花千栄子は我慢していたのだが、階段から蹴落とされたりしたので、三友劇場の主が見るに見かねて、映画の「東亜キネマ」を紹介してくれたのである。

このときに三友劇場の主が「村田栄子を千、超えるように」という願いを込めて、香住千栄子と名付けてくれたので、東亜キネマ時代に「香住千栄子」を使った。

しかし、「香住千栄子」の「かすみ」という響きから、浪花千栄子は「香住千栄子」という名前があまり好きではなかったようだ。

その後、浪花千栄子は「東亜キネマ」を辞めて、市川百々之助に招かれて、市川百々之助のプロダクションに入った。

このとき、市川百々之助は「大阪の女優さん」ということで、「浪花千栄子」と名付けたのである。

なお、朝ドラ「おちょやん」の史実やモデルのネタバレは「おちょやん-あらすじとモデルのネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する