姉ちゃんの恋人-市原日南子が高田悟志(藤木直人)に一目惚れ

有村架純が主演するフジテレビのドラマ「姉ちゃんの恋人」の第2話のあらすじとネタバレ後編です。

前編は「姉ちゃんの恋人-第2話のあらすじとネタバレ」です。

■姉ちゃんの恋人-第2話のあらすじとネタバレ後編

さて、吉岡真人(林遣都)は、激しく動揺していた安達桃子(有村架純)が落ち着いたので、タクシーを拾ってあげようとしたが、「それじゃダメか」と気づくと、安達桃子は笑ったので、徒歩で安達桃子を自宅まで送った。

吉岡真人は安達桃子と別れると、1人で車に戻るのだが、激しく動揺しているようだった。

さて、安達桃子が自宅に戻ると、「先に食べてて」と言っていたのに、みんながトマト鍋パーティーをせずに待っていてくれたので、驚いた。

一方、市原日南子(小池栄子)が夜のバーで1人で飲んでいると、スマホに部下からのメールが着信した。メールを読んだ市原日南子は、思わず声を出して笑ってしまった。

すると、近くで飲んでいた高田悟志(藤木直人)が「面白いんですか」と話しかけた。

高田悟志がイケメンだったので、イケメン好きの市原日南子は喜んでスマホ見せ、会話に花を咲かせたが、名前も電話番号も聞かなかったので、翌日、市原日南子は「始まる前に終わった」と落ち込んだ。

さて、吉岡貴子(和久井映見)は、息子の吉岡真人(林遣都)がクリスマスのイベントに関わり始めてから、楽しそうにしていたので、心配していた。

すると、吉岡貴子の心配に気付いていた吉岡真人(林遣都)は、「分ってる。分ってるから」と言い、クリスマスの準備が終われば、全て元の生活に戻るので、心配するなと話した。

さて、安達桃子(有村架純)は、街を走る赤い軽自動車を見つけ、吉岡真人(林遣都)とドライブデートするのを妄想しながら、ハロウィンを待った。

さて、ハロウィンの日の営業が終わると、次々にクリスマスの飾り付けが搬入され、従業員一同でクリスマスの飾り付けを開始する。

市原日南子(小池栄子)は、そのとき、トラックから降りてきた配送部の高田悟志(藤木直人)を見かけて再会し、「何これ、ラブコメ」と驚くのだった。

姉ちゃんの恋人-第3話のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する