姉ちゃんの恋人-安達桃子(有村架純)の両親の交通事故ネタバレ

フジテレビの恋愛ドラマ「姉ちゃんの恋人」の安達桃子(有村架純)の両親の死因は交通事故で確定しました。

■姉ちゃんの恋人-両親の死因は交通事故

「姉ちゃんの恋人」に登場する安達桃子(有村架純)は、15年前に両親が事故で死んだため、大学進学を諦めて、ホームセンターで働きながら3人の弟を育てている。

ただ、事故と言っても交通事故以外にも色々な事故があるので、どのような事故で両親が死んだのかに注目していたのだが、第3話で両親が事故で死んだ時の様子が回想シーンで登場した。

安達桃子(有村架純)は高校3年の時に、帰宅していると、交差点の反対側に居る両親と会った。

そして、信号が青になって両親が交差点を渡っていたのだが、そのときに車が突っ込んできて、両親を跳ねたようだ。

安達桃子(有村架純)は、目の前で両親が死ぬところを目撃したので、車がトラウマになっており、車に乗る事を怖がっていた。

安達桃子(有村架純)は元々、車が大好きで、赤い小さな車で、家族で旅行に行ったり、彼氏とドライブデートする事を夢見ていたのだが、両親が事故で死んだせいでトラウマとなって車に乗るのが怖くなり、その夢を奪われてしまったのである。

スポンサードリンク

■犯人は吉岡真人(林遣都)か?

吉岡真人(林遣都)は保護司・川上菊雄(光石研)の世話になっており、過去に罪を犯したようである。

この点から考えても、安達桃子(有村架純)の両親が死んだ事故で車を運転していのは吉岡真人(林遣都)という可能性が大きい。

なお、「姉ちゃんの恋人」のあらすじとネタバレは「姉ちゃんの恋人-原作のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する