朝ドラ「エール」の次は「おちょやん」放送開始日もネタバレ

NHKの朝ドラ「エール」の次に始まるのは朝ドラをネタバレします。

■「エール」の次は「おちょやん」

作曲家の古関裕而をモデルとした朝ドラ「エール」は、戦時中も終わり、非常に面白い展開が続いているのですが、そろそろ気になるのが次に始まる朝ドラです。

では、「エール」の次に何が始まるのかというと、それは朝ドラ「おちょやん」です。

朝ドラ「おちょやん」は、大阪出身の女優・浪花千栄子をモデルにしたドラマです。

浪花千栄子は、父親の再婚相手に嫌われて、祖母の家に預けられたのですが、祖母の家も困って口減らしのために、道頓堀の仕出し料理屋へ奉公に出しました。

こうして、浪花千栄子は満足に学校も通えないまま道頓堀の仕出し料理屋でタダ働きを続けたのですが、父親に見つかり、他の奉公先へ入れられ、父親に給料を搾取され続けます。

父親に給料を搾取され続けている事を知った浪花千栄子は、始めて貰った給料を手にして奉公先を逃げ出して京都へと逃れ、京都のカフェー「オリエンタル」で女給として働くことになった。

浪花千栄子は屋敷奉公の仕事がしたかったのだが、「オリエンタル」で知り合った先輩女給ユリちゃんに連れられ、プロダクションへ入り、女優の道へと足を踏み入れていくのだった。

朝ドラ「おちょやん」は、浪花千栄子をモデルにして、浪花千栄子の幼少期から「大阪のお母さん」と呼ばれるまでを描く。

浪花千栄子は本名を「南口キクノ」というので、「軟膏きくの」ということで、オロナイン軟膏の看板にもなっているので、オロナイン軟膏の看板になるエピソードも登場するだろう。

スポンサードリンク

■朝ドラ「おちょやん」の放送開始日

朝ドラ「エール」の放送が中断した影響で、例年よりも大幅に放送開始が遅れたため、朝ドラ「おちょやん」は2020年11月30日の月曜日から放送を開始します。

朝ドラ「おちょやん」の史実やネタバレや登場人物のモデルの解説は「おちょやん-あらすじやモデルのネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する