おちょやん-竹井千代の子役は毎田暖乃(まいだ・のの)のネタバレ

NHKの朝ドラ「おちょやん」の主人公となる竹井千代(杉咲花)の子役を演じる毎田暖乃(まいだ・のの)のネタバレです。

■竹井千代の子役は毎田暖乃

主人公の竹井千代(杉咲花)は、大阪の南河内の貧乏な家に生まれ、極貧生活を送り、「おちょやん」の第1週で奉公に出され、大阪・道頓堀の芝居茶屋で女中として働くことになる。

この竹井千代(杉咲花)の子供時代を演じるのが子役の毎田暖乃だ。

毎田暖乃は500人のオーディションの中から、全一致で選ばれた天才子役だ。

毎田暖乃は、2019年の朝ドラ「スカーレット」でも、熊谷照子(大島優子)の娘・熊谷雪子役で出演しており、「おちょやん」で朝ドラ出演2作目となる。

竹井千代(杉咲花)の子供時代は、「令和のおしん」と呼ばれるほど過酷な生活を強いられるのだが、朝ドラなのでマイルドになっており、モデルとなった浪花千栄子の子供時代はもっと酷かった。

スポンサードリンク

■浪花千栄子の子供時代のネタバレ

浪花千栄子は、明治40年(1907年)11月19日に大阪府富田林市東板持町で生まれた。父親の南口卯太郎は養鶏業を営んでおり、非常に貧しい生活をしていた。

浪花千栄子は4歳の時に母親が死んだので、3歳下の弟の面倒をみながら、家事をするようになり、父・南口卯太郎が鶏の行商に出ると、弟の面倒を見る人が居ないので、小学校にも通えなかった。

その後、父・南口卯太郎が再婚したので、浪花千栄子は1年遅れで小学校へ通える事になったのだが、学費を払ってもらえず、2ヶ月で小学校を辞めた。

その後、浪花千栄子は父親の再婚相手に嫌われたようで、祖母の家に預けられたのだが、祖母の家も困って、浪花千栄子を大阪・道頓堀の仕出し料理屋「浪花料理」へと奉公に出したのである。

朝ドラ「おちょやん」では、竹井千代(毎田暖乃)は芝居茶屋「岡安」へ奉公に出て、奉公もマイルドになっている。

しかし、モデルの浪花千栄子は、奉公人が長く続かないという悪名の高い仕出し料理屋「浪花料理」に奉公しており、朝から夜中まで働かされたうえ、少しでもミスをすると、浪花料理の主人から包丁の背で頭を叩かれ、何度も殺されるという思いをしている。

なお、朝ドラ「おちょやん」のモデルとネタバレは「おちょやん-あらすじとモデルのネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する