姉ちゃんの恋人-第4話のあらすじとネタバレ

フジテレビのドラマ「姉ちゃんの恋人」の第4話「告白」のあらすじとネタバレです。

第3話のあらすじとネタバレは「姉ちゃんの恋人-第3話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■姉ちゃんの恋人-第4話のあらすじとネタバレ

安達家では恒例の家族報告会が行われていた。

安達桃子(有村架純)は、家計をやりくりして、今月も無事に黒字を達成した。

長男の安達和輝(髙橋海人)は、レポートを2本提出して1勝1敗だった。

次男の安達優輝(日向亘)は、郵便局で年賀状を配るバイトを決めてきて、国立大学を目指して勉強に励んでいた。

3男の安達朝輝(南出凌嘉)は、サッカーのクラブチームを受けてみないかと勧められていることを報告すると、安達桃子(有村架純)は月謝などを計算して「いけるんじゃね?やってみな」と許可した。

弟達が喜ぶと、安達桃子(有村架純)は「お父さんたちが家を残してくれたからだよ。もう1つ、お父さんとお母さんは、貴方たちに残したものがある。アンタたち、世間一般的にはイケメンなんだよ」と教えた。

そして、安達桃子(有村架純)は「姉ちゃん、恋しているんだ。同じ会社で働く吉岡さん」と報告すると、長男・安達和輝(髙橋海人)は「大丈夫なの?職場では恋愛しないって言ってたじゃない」と心配した。

すると、安達桃子(有村架純)は「だって好きになっちゃったんだもん」と答えたのだった。

翌日、浜野みゆき(奈緒)は悩んでいると、長男・安達和輝(髙橋海人)に声をかけられ、喫茶店に誘われた。

そこで、長男・安達和輝(髙橋海人)は浜野みゆき(奈緒)を好きになった理由を話し、「付き合おうよ」と告白した。

驚いた浜野みゆき(奈緒)は、喜んだり、困ったりしたが、長男・安達和輝(髙橋海人)に押し切られ、「よろしくお願いします」と答えた。

一方、市原日南子(小池栄子)は仕事でミスを連発しており、仕事が終わると、同僚を集めて謝罪し、「恥ずかしいけど言います。実は私、恋をしていて。あさってダブルデートなんだけど、そのことばかりを考えちゃって」と打ち明けた。

すると、岸本沙織(紺野まひる)ら同僚は、みんなで市原日南子(小池栄子)の恋を応援したのだった。

他方、吉岡貴子(和久井映見)は、弁当屋の店長の関係を聞き、普通の家庭のように、吉岡真人(林遣都)から「うるせえババア」と言われたいと思っていた。

スポンサードリンク

■吉岡真人(林遣都)の過去の真相

さて、吉岡真人(林遣都)は河川敷で川を観ながら、過去の事件を思いだしていた。

吉岡真人(林遣都)は、恋人の香里と街を歩いていたら、2人組の男性と肩がぶつかったのだが、その2人組が恋人の香里を裏路地に連れ込んで襲った。

吉岡真人(林遣都)は香里を助けようとしたが、男にボコボコにされてしまい、「止めてください。お願いします」と懇願する。

しかし、男は止めずに香里を襲ったので、吉岡真人(林遣都)は近くにあった木材を手にして、男2人組を何度も何度も殴りつけたのだ。

その後、吉岡真人(林遣都)は警察に連行され、取り調べを受けて事情を説明するが、刑事から「証言が食い違ってるんだよね。おたくの彼女はね、男に襲われたりしていない。そんなことは無かったと言ってるんだよ。酒飲んでたんだろ、アンタ」と言われた。

そして、吉岡真人(林遣都)は裁判にかけられ、懲役2年の判決を受けたのだった。

■バーベキュー

翌日、安達桃子(有村架純)・市原日南子(小池栄子)・高田悟志(藤木直人)・吉岡真人(林遣都)の4人は、公園でバーベキューを行い、楽しいひとときを過ごした。

そして、バーベキューが終わると、2対2に別れて話し合った。

安達桃子(有村架純)は吉岡真人(林遣都)に自分の家庭のことを話し、「起きてしまった事はしょうがないと思うんです。大事なのは、その後、どう生きるかだと思うんです。やっぱり、吉岡さんは私みたいなのと付き合った方が良い」と告白した。

とのとき、保護司・川上菊雄(光石研)は、公園の前を通りかかり、安達桃子(有村架純)を見かけるが、隣に居たのが吉岡真人(林遣都)だったので、驚くのだった

スポンサードリンク

コメントを投稿する