おちょやん-竹井千代(毎田暖乃)が奉公に出るモデルとネタバレ

NHKの朝ドラ「おちょやん」で竹井千代(毎田暖乃)が奉公に出る実話とネタバレです。

■竹井千代(毎田暖乃)が奉公に出るネタバレ

後妻に入った竹井栗子(宮澤エマ)は、妊娠を機に、竹井千代(毎田暖乃)を奉公に出してしまおうと考え、色々と画策する。

それに気付いた竹井千代(毎田暖乃)は、父・竹井テルヲ(トータス松本)に詰め寄るが・・・。

スポンサードリンク

■奉公に出る実話のネタバレ

浪花千栄子の父・南口卯太郎は、再婚相手(後妻)が家出をしたので、追いかけて連れ戻した。

そのとき、再婚相手が出した条件が引っ越しだったようで、南口家は南田辺へと引っ越したのだが、引っ越しして直ぐに再び再婚相手が家出をした。

父・南口卯太郎は半狂乱になって再婚相手を追いかけ、再び連れ戻すのだが、再婚相手が家に戻る条件が浪花千栄子を追い出すことで、再婚相手は前夫との間に作った子供を連れて戻ってきた。

このため、浪花千栄子は母方の祖母の家に預けられ、浪花千栄子は祖母の家で嫌われないように懸命に働いた。

ところが、その後、浪花千栄子の弟も祖母の家に預けられ、祖母の家も困ってしまい、父・南口卯太郎には秘密で、浪花千栄子を道頓堀の仕出し料理屋「浪花料理」へ奉公に出したのである。

普通、奉公人は布団などを持参するのだが、浪花千栄子は持参する布団も無く、身一つだったので、「給料は要りません。着る物と食べる物だけ面倒を見てください」という条件で奉公を開始した。

このため、誰も続かない事で有名な「浪花料理」で「おちょやん(下働きの女中)」となり、朝から晩まで扱き使われ、ただ働きをさせられるのだった。

なお、朝ドラ「おちょやん」のモデルや史実のネタバレは「おちょやん-あらすじとモデルのネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する