おちょやん-第3週「シズと延四郎」のあらすじとネタバレ

浪花千栄子をモデルとするNHKの朝ドラ「おちょやん」の第3週「シズと延四郎」のあらすじとネタバレです。

朝ドラ「おちょやん」のモデルやネタバレは「おちょやん-あらすじとモデルのネタバレ」をご覧ください。

■おちょやん-第3週のあらすじとネタバレ

大正12年(1923年)、竹井千代(杉咲花)は、下働きの「おちょやん」を卒業して「お茶子」となり、3年がたっていた。

女将・岡田シズ(篠原涼子)は、竹井千代(杉咲花)に年を越して18歳になったら年季が明けるので、今後の身の振り方を考えておくように助言した。

ある日、竹井千代(杉咲花)は身を隠している女優・高城百合子(井川遥)を見かけ、高城百合子を「岡安」の2階に匿った。

高城百合子(井川遥)は「鶴亀」の社長・大山鶴蔵(中村鴈治郎)から、芝居を止めて映画に転向するように命じられたが、それに反発して逃げていたのだ。

竹井千代(杉咲花)は、高城百合子(井川遥)に「人形の家」の台本を見せると、この台本を読むために字を勉強した事を教えると、高城百合子は「人形の家」を思いだし、熱演した。

その日の夜、高城百合子(井川遥)は、竹井千代(杉咲花)に「そんなに芝居が好きなら、芝居をしてみれば」と言い残し、「岡安」を後にしたのだった。

スポンサードリンク

■岡田シズ(篠原涼子)の恋

ある日、岡田シズ(篠原涼子)は歌舞伎役者の早川延四郎と再会した。

岡田シズは素っ気なく立ち去ろうとするが、早川延四郎は「舞台が終わったら待っている」と告げた。

その様子を芝居茶屋「福富」のお茶子が見ており、岡田シズ(篠原涼子)が早川延四郎と密通をしているという噂が道頓堀中に広まり、噂を聞いた竹井千代(杉咲花)らも激しく動揺する。

そこで、岡田シズ(篠原涼子)は「岡安」の従業員に早川延四郎との関係を打ち明けた。

岡田シズ(篠原涼子)は20年前、早川延四郎と恋仲になりかけ、全てを捨てて早川延四郎と駆け落ちしようとしたが、お茶子と役者の恋は御法度なので、駆け落ちの直前で岡田ハナ(宮田圭子)に止められたのだ。

しかし、あくまでも、それは20年前の話しであり、早川延四郎とは偶然に再会しただけで、2度と会うことはないと、竹井千代(杉咲花)らに誓った。

翌日、竹井千代(杉咲花)は早川延四郎から、岡田シズ(篠原涼子)に渡して欲しいと手紙を託された。

しかし、岡田シズ(篠原涼子)は手紙を読めば、早川延四郎に会いに行く事は分っていたので、「岡安」の暖簾を守るため、手紙を読まなかった。

しかし、竹井千代(杉咲花)らお茶子が、店の事は私たちに任せて、早川延四郎に会いに行って欲しいと背中を押した。

約束の日、岡田シズ(篠原涼子)は早川延四郎に会い、20年前に駆け落ちの約束を破り、「岡安」の女将になる道を選んだ事を後悔していないと言い、今の自分があるのは早川延四郎のおかげだと礼を言い、早川延四郎と別れた。

それから1ヶ月後、早川延四郎が死んだ。早川延四郎は重い病気を隠していたのだ。岡田シズ(篠原涼子)は早川延四郎の訃報を聞いて泣いた。

大正13年、竹井千代(杉咲花)は18歳になって年季が明けてると、岡田シズ(篠原涼子)に、これからは自分の意思で「岡安」で働きたいと告げた。

そのとき、父・竹井テルヲ(トータス松本)が「岡安」に現われたのだった。

おちょやん-第4週のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する